シンデレラストーリー 

スタッフ、キャストなど詳細は公式HPにて!

Story

ACT 1

むかーし昔、とある王国のお城から物語りは始まる。お城の中では王様や王妃様まで巻き込んで、
王子チャールズの捜索が行われていた。この国を援助してくれるだろう、マイティー王国の王女ローズマリー
とのお見合いの席から、王子が逃げだしたのだ。宮廷大臣ピエールを筆頭にした捜索部隊の説得も、「本当の愛」
が分からないと悩む王子の耳には入らない。(♪本当の愛*王子)
 そんなお城の騒ぎとは無関係な庶民の世界でも、毎朝恒例のドタバタ騒ぎが起きていた。
騒ぎの主は母ベラドンナとオードリー、ジェシカの娘2人。お人好しの父シャルルと再婚したベラドンナは、この家の
主の座を奪い夫を出稼ぎへ。一人娘のシンデレラを女中としてコキ使っているのだ。朝からお茶の支度に掃除、
衣服の支度とわがまま放題。(♪働きなさい、シンデレラ*ベラドンナ/オードリー/ジェシカ)
せっかく帰ってきたシャルルの事も「お土産がない」と責める始末。
 そんな騒ぎの中、パーティの知らせを持ってお城からの使いがやって来る。
「国中の年頃の娘は全員出席するように」と。(♪娘さんよく聞けよ*ピエール/部下達)
狂喜乱舞する継母と娘2人。早速ドレスを新調し、美容院にエステと張り切り出す。パーティを夢見るシンデレラに
家事の一切を押しつけて。(♪パーティ*シンデレラ)
 沈み込むシンデレラを慰めるのは台所のネズミたちだけ・・・(♪泣かないで、シンデレラ*チュウ太郎/
チュウ1/チュウ2/チュウ3)
しかし、必死に慰める声も、パーティに必要だとダンスを教えようとしても(♪ダン
スレッスン
*チュウ太郎/チュウ1/チュウ2/チュウ3)シンデレラにはネズミたちの言葉が分からない。
 その頃、困惑する王子に、王様、王妃、ピエールたちが説得を続けていた。(♪王子の結婚は、わが国を救う
*王様/王妃/ピエール/部下達/宮廷の人々)
そして、それが「政略結婚」でも、愛はきっと生まれる、
私達のように、と王妃が説得を続ける。(♪本当の愛ー王と王妃の場合ー*王様/王妃)
 支度を終え、パーティに向かおうとする継母達。(♪私は勝つ!*ベラドンナ/オードリー/ジェシカ)
そんな継母に大切な招待状を破られ、ますます落胆するシンデレラのもとへ、(♪パーティ リプライズ)不意に
奇妙な訪問者が現れる。「愛の魔法使い」を名乗るその男は「パーティに行きたいんだろ、シンデレラ。さあ、
パーティに行こう」と、不思議な力で彼女を変身させ始めるのだった。(♪奇跡は起こる*魔法使い)
「どうして私を?」いろんな疑問をぶつけるシンデレラにその男は静かに「ある約束」を語る。(♪君を忘れない*
魔法使い)
そして、華麗に変身したシンデレラを勇気づけ、送り出す。ただし、ある制限をつけて・・・。
(♪奇跡は起こる リプライズ)

ACT 2

 お城には次々と豪華に装った招待客が集まって来る。だが、その舞台裏では、ゴネる王子をピエールがなだめ
ていた。「王子、愛は待つものではありません。探すものです」。(♪本当の愛リプライズ)
渋々会場に出向いた王子は、オードリー・ジェシカ姉妹の暴力的なダンスに振り回される憂き目に遭うが(♪舞踏
会*インストゥルメンタル)
その直後、魔法で美しく変身したシンデレラに出会う。その瞬間、周りの人々は消え、
2人だけの世界が広がる。王子もシンデレラも、それが運命の人、本当の愛だと気付いていた。
(♪Destiny*シンデレラ/王子)
 だが、魔法使いの魔法は深夜12時までしか効力を保つ事が出来ない制限つきのもの。
12時の鐘が無情にも2人を引き裂く。慌ててお城の大階段を駆け下りたシンデレラは、途中でガラスの靴を落としてしまう。
運命の人に出逢えたシンデレラと王子。切ない夜がふけていく・・・(♪あなたに逢いたい*シンデレラ/王子)
 翌日から、ピエールは王子の命を受けて、ガラスの靴の持ち主を探すべく街を探し回ることに。
(♪ガラスの靴の持ち主は?*ピエール/部下達/チュウ太郎/チュウ1/チュウ2/チュウ3/街の々)

王子が「この靴を履いていた女性と結婚する!」と宣言したのだ。
とうとう、ピエールの一行がシンデレラの家へとやって来た。
いやな予感のする継母はシンデレラを閉じ込めてしまうが、ネズミたちや魔法使いのお陰で、シンデレラはガラスの靴に足を・・・。
幸せはもう目の前に。。。しかし。

 お城の一室にとおされ、王子を待つシンデレラ(♪あなたに逢いたい リプライズ)に、お城のネズミたちも
大歓迎。(♪お城にようこそ、お姫様*チュウ之丞/仲間達)
しかし、シンデレラを待っていたのは王子ではなく、王様と王妃。
1年程旅に出て欲しい、王子の前から姿を消して欲しい、とお金の入ったカバンを差し出す。
愕然とするシンデレラ。そんなシンデレラに、王妃は、王様にも話していなかった自分の経験を語り、本当に愛して
いるのなら、王子の為に身を引いて欲しいと伝える。(♪これもひとつの道*王妃/王様)
悩み苦しんだ末、そのカバンを受け取ろうとするシンデレラ。
チュウ之丞の「そんなの本当の愛じゃない!愛を貫くチュウ!」という言葉も届かない。
そんな瞬間。
「こら、ネズミ、僕の服を返せ!・・・あなたは。」ネズミの仲間達の仕業で、王子がその場にやってくる。
やっと再会し、見つめ合う2人。しかし、そんな2人の間に王妃が静かに割り入る。
はっとして心にもない事を口走り、去っていこうとするシンデレラ。
そんなシンデレラに回れ右をさせる「ガラスの靴」。抵抗するシンデレラ。追いかけようとして、止められる王子。
お互いの「本当の愛」も引き裂かれようとしていたその時、1人の老婆が現れ、「シンデレラの秘密」を伝える。
それは、最後の「難問」を解決するには充分な「魔法」だった。
2人は喜び、愛を語る。再び2人だけの世界が広がる。(♪Destiny リプライズ) 
 そして・・・(♪結婚式!*全員)

(パンフを元にしてますが、自分なりに作成してます。)※(♪ミュージカルナンバー*歌う人)です。

レポはこちらから。
(見づらくて申し訳ありませんが、ピエールがらみは別枠「ピエールの間」に載せてあります。宜しければ
そちらも併せてどうぞ。)

2003.8.6(水)/8.7(木) 名古屋にて

2003.8.22(金)/23(土) 東京にて

2003.8.30(土)/マチネ・ソワレ 東京にて

2003.8.31(日)千秋楽


※取り急ぎ、レポのみUPです。観劇した全体の感想については、改めてUPしたいと思ってます。(2003.9.2)

ピエール(そして王子とのやりとり)に興味のある方はからどーぞ。

「観劇レポ」に戻る