2003.11.29(土)マチネ観劇。

本日、小ハプニング満載(?)でした。

1.ガンマンの格好している太郎さん、2階から降りてくるマリに銃を向けるシーンがあるのですが、構えようとして
「ぼとっ」銃を落としてしまい、慌てて拾って向けてました。その前の銃を自分の脇にしまうシーンでも手惑ってたし^^;
2.ユタカとマリのラブラブシーン。(「だめ許さないっ」などと体を揺らしながらお互いに一歩飛び出し近づく。その真ん中で、天野天使がその真似をしている)
ここで、動きがどんどん激しくなると、お互いが天野天使にぶつかりそうになるんです。すると、耐え切れなくなったか(?)マリが思わず吹き出してしまいました(笑)
(注:天野天使は「見えていない」はずなので、NGです。)
すると、天野天使が一言。「見えているのか?」会場も爆笑です。そして続けて「なんとなく体をよけてる気がするぞ」と。
ユタカは必死に(?)見えてないふりで続けますが、その激しさのあまり、天野天使とキスしちゃいました(笑)
思わず唇を拭うユタカ。それもNGですよ〜^^;
3.紫に近いワンピースを着てトシオと一緒に「私観たの!」とのりこんでくるマリ(演技です。)
その後、「ちょっと2階に行ってくる」と階段をあがっていくのですが。こけちゃいました^^;
1階では物語が進んでいるので、マリは登りきった所で恥ずかしそうに一瞬正面を振り返って消えていきました。かわいかったです^^;

そして、さとしさんチェック(?)
登場の「くじら」の中でえらい体を反って話してました^^;
私の中の「不思議」。トシオとラップを歌うんですが、その時の太郎の動きが不思議(笑)
徒競走みたいな足の動きで(?)あちこち動き回るんですが、それって、かえってラップに合わせるの大変じゃあ・・・^^;
京さんとのコンビ、ばっちりです。笑いもびしっと決めることも出来る2枚目な二人。素敵でした。
「羽だ」「成田」のかけ合いは分かってても面白かったです(笑)ただ、その前テンコが「背中を見てあげる」と言った
後「すまないねえ」という言い方が初日と違って抑え気味でした。残念(笑)

***********************************************

さてその太郎さんですが。
「結婚式」の中に途中から入ってくるんですけど、前回気付かなかった事で気になることが。
皆が幸せそうにユタカとマリを祝福している、みんな笑ってる。そして皆で歌ってる。幸せそう。
そんな中、太郎だけが(多分)時折ふと切なそうな表情を(正面向いて)みせてた。ほんの一瞬、しかもそんな何回も無かったと思うけど。。なんか、妙に気になってしまいました。
常に先を見ているし、冷静、クレイバー。「俺がいなくちゃなんにも進まない。」信頼厚く、仕事も絶好調!の男。
でも、きっとそんな自分に葛藤や誰にも吐き出せない辛さがあったんじゃないかって思えてなりません。
トシオが言うように「平気で人間を切れる。人間に興味がない」わけじゃなく、立場や責任、もしかするとプライドでそうしてきたんじゃないか、そうせざるを得なかったんじゃないかと。
「盗聴まがい」の事してたのも煮詰まっちゃってたのかもしれない。
彼にとって「成功」は「当たり前」の事だったろうし。そんなプレッシャーやプライドが彼自身を追い詰めてたのかも知れないし。
天使を信じていないくせに、「天使」を利用しようとしたり、傍からみたら「ビジネスの為ならなんでもする冷酷人間」。太郎自身もそういう自分を作り上げてきたところはあるんでしょう。
でも、心の奥底にある彼の真実の感情はどうなんだろう?本当に心の底から彼はそんな人間なんだろうか?
太郎さんに一番先に羽が映えたことは、「これ以上傷つかないで、傷つけないで。僕(天使)は本当にいるんだよ。大切な‘何か’を思い出して」っていうメッセージだったんじゃないかと・・・。
天使の悲しみ、優しさ、愛。そんな気がしてならない私。
だから、太郎さんだけでなく、どんどん「羽が生える病気」が広がっていって。しかも、背中だけ痛みがある。それは天使の悲しみの「痛さ」のような気がしています。

私が一番共感したのは、やっぱりケイさんでした。
夢を持って頑張って、現実に打ちのめされて。それでも笑顔で「OK,OK,ノープロブレム!」。
彼女の感情は決して外へ攻撃することなく、自分の中にしまい込んで1人傷ついていて。
そんな彼女に、マスターが唯一自分からコーマエンジェルをすすめた。しかも、それを飲むとどうなるのか分かった上で。(結局飲まなかったけど)
マスターはそんなケイさんを解放してあげたかったのかなあ・・。
ケイさんのラストシーン、哀しかったです。
笑っていることに、生きていることにもしかして疲れてしまったのかも知れないと思っちゃいました。
そんな自分との戦いを終わらせる為に、発作的に自分にナイフ突き刺してしまったんじゃないかと。

トシオの変わりようも切なかった。トシオ自身もそんな自分に葛藤して、苦しんでる気がして。
あんなに仲良かった太郎とも亀裂が入って、自身の立場が大きく変わって望んでもいない権力者になって。
自身分かっていながら人を信じられなくなってくし、その弱さ苦しさから自分を守る為、人を傷つけてるようで。
もう彼にはマリしかなかったのかもしれない。マリは彼にとっての「コーマ・エンジェル」だったのかも・・・。
「ギミー・マリちゃん」のトシオの気持ちは、ただ「マリが好きだから自分の立場を利用して奪おう」というものではなく、それにかこつけた悲痛な叫びだったのかも、と。
そしてそんなトシオの気持ちを充分に分かっていながら、愛する人の為に自分を捨てても構わない、トシオを利用してると分かってても、というマリの気持ちも分かる気がします。
「何でもしてあげる・・・」マリは駆け引きもなにもなくストレートにトシオにせまってるんですが、それがどこか痛々しい気がしました。
愛する人の為自分を捨て、自分を愛してる他の人を傷つけようとしてるマリ。
愛する人を手に入れる事はある意味簡単だけど、「心」だけは絶対手に入らない事を突きつけられたトシオ。
トシオは本気でマリを愛してたんだろうなあ。トシオの言動からそう感じました。
「何でもしてあげる」の2人はセクシーでもあるけど、痛々しくて切なかったです。

コーマエンジェルについては、すごく考えるところがあって。。。
どんなものか知っていて、しかも皆に幸せになってもらいたいと思ってるマスターが「飲ませた人」と「飲ませなかった人」。
ホントは飲ませたくない。コーマエンジェルなんて必要のない幸せな街で、みんなでいてほしい。
でも、「大人」になって、いろいろあって、「限界」に達した人にこれ以上苦しんで欲しくなくって飲ませてしまったんじゃないかって・・・。
いろんなしがらみや、苦しみから解放させてあげたかったんじゃないかって思いました。
だから余計に、マスター自らケイさんに差し出した時、すごく切なかったんです。
そして、トシオに要求されるがまま沢山差し出してしまった時も。
コーマエンジェルって、最初てっきり自分にとって大切なもの、幸せに感じられるものって理解してたけど、そうじゃなかった・・・。
「救いの薬」というより「救いたいという思いのつまった薬(天使が)」?

そのマスターの行動は、かなりミステリィでした。
病院を爆破するは、2階にも爆弾をしかけるは。コーマエンジェルを原液ごと捨てるようにテンコにお願いするは。
でも、すべてはこの街を、みんなを守る為だと思っているのですが。
もうこれ以上、悲惨な目に合わせたくないと、全滅する前に救いたいと。
でも、そんなマスターの思いは皆に伝わらない・・・違うかな?
マスターについてだけは、言葉が見つからないんです。
なんだか思い出しても、モヤモヤしたなんとも言えない感情が私の中に残ります・・・。

掲示板でも話題になっていた「壁」と「2階の部屋」について改めて。
私の中で「壁」は「天使の愛」かなあと今も思ってます。
唯一、大切なものを忘れず、愛情あふれる人間のいる街を天使が守りたいっていう想いが奇跡的に生み出した透明な壁。
人間にははっきり見えないけど、いつも優しく見守っていて。
でも、天使の心、人間知らず(?)
でもそれが壊れかけていく度、天使は悲しみのあまり涙を流し、その涙に気付かず人間はますます悲劇を生んで。そして、人間は崩壊していった・・・。
そして沢山の悲しみで流してきた天使の涙、それが「天使の思い」と一緒に「コーマエンジェルとなった」、と。
でも、素敵だったはずのこの街(太郎さん達のいた)も結局は救えない・・・。
「天使の羽」(大量の羽も、背中に生えた羽も)はそんな天使の悲痛な叫び、そして優しさだったのでは・・・。
と、勝手に解釈してます^^;
マスターの店の2階ですが不思議。不思議すぎて「どんな空間か?」想像つきませんでした^^;
私の中のイメージは「ドラえもんのポケット」。
2階に行ったはずの人間が「いないよ」とか、なかなか見つからない。ひょっこり出てきたと思ったら、状況が変わっていたりしてる。
なんで〜!?です^^;
そこには、普段見せることのない姿をさらけ出せる何かがあるに違いない、と勝手に思ってますが、どんな空間なのでしょう・・。

天使の羽とコーマエンジェル。私の中ではどちらもそこには「愛」があって「哀しさ」あって「優しさ」があって。
切ないです。
でも、同時に暖かい気持ちをもらえた気もしてます。
天野天使のような愛情あふれる天使がそっと見守ってくれてるかもしれない。
悲劇だけど、悲劇で終わらない不思議な感情を持ったまま、劇場を後にした私でした。

今回は2回目ということもあり、(話の流れなどは前回レポで書いたので)特に感じたポイントだけを絞って語ってみました^_^;
私なりの「天閉じ」でした。