本文へスキップ

 

044−850−1888

                 川崎市高津区久本3−2−22 
            ヴァンドーム102
044−850−1888



2017年10月1日よりインフルエンザのワクチンを開始いたします。
料金は以下の通りです。
13歳以上:3300円 13歳未満:1回目3000円 2回目2500円
65歳以上(川崎市在住の方)2300円

2017年7月27日
今年は水温が上がるのが早く、例年よりも海中生物のや魚の発育や数が多いように見受けられます。
海に入った直後からちくちくした痛みを感じ,しばらくしてから
かゆみを伴う赤い発疹がでることがあります。いわゆる「海水浴皮膚炎」と
呼ばれるもののひとつで、プランクトンが原因の事が多くほとんどが甲殻類の幼虫
(ゾエアと呼ばれる時期)です。発疹やかゆみが直後だけでなく翌日以降にも現れるのが
特徴です。
水着やラッシュガードで覆われているところにも起こります
対策として海から上がったらすぐ流水で体全体(水着の中も)を洗ってあげることです
着ているラッシュガードにも付着しているので一緒に洗っておきましょう。
かゆみが強い時は皮膚科を受診し外用剤や、時には内服が必要必要になります。

夏休みで海や山などへレジャーに行かれる方も多いと思います。。
日焼け対策はもちろんですが、皮膚炎を起こしたり時に重症になる生物との接触には
充分気をつけなければいけません。海水浴ではクラゲ、また台風の後ではカツオノエボシ
など危険なクラゲも大量発生する事もあります。磯遊びやシュノーケリングではガンガゼ
(トゲが鋭く長いウニ。刺さると残ります)やシロガヤ(白い枝のように見えるヒドロ虫。
 赤い発疹ができ強いかゆみが出ます。)などに気をつけなければいけません。
又陸上では蜂や毛虫、ムカデなどに気をつけてください。アウトドアでは脱いだ衣服に
くっついている時もあるので注意してください。

緊急の処置は接触した生物により大きく異なります。事前に調べておくのも大切です

2016年12月21日
昨年より1か月ほど早くインフルエンザが流行し始めました。現時点ではA型が流行しています。鼻水咳などのかぜ症状のほか、悪寒、高熱、節々の痛みなどがみられますが、似たような症状でインフルエンザ以外に
肺炎にかかっている方もいらっしゃいます。早めの受診をおすすめいたします


10月1日よりインフルエンザのワクチンを開始いたします。
料金は以下の通りです。
13歳以上:3300円 13歳未満:1回目3000円 2回目2500円
65歳以上(川崎市在住の方)2300円 


2016年6月24日
湿気が多く気温が上がってくると細菌性胃腸炎(いわゆる食中毒)が増えてきます。
原因としてカンピロバクターという菌が多く検出されます。過熱が十分でない肉などが原因になることが多く、
十分加熱する、生肉などを切った包丁やまな板はよく洗って使用する、など調理の際は注意が必要です。
またウイルス性の胃腸炎も同時に見られます。手洗いなどで予防に努めましょう。

20016年4月11日
流行のピークは過ぎていますが、インフルエンザにかかられる患者さんはまだいらっしゃいます。
悪寒、高熱、節々の痛みなどが出た方は受診されることをお勧めいたします。

20016年2月26日
インフルエンザが流行しています。さほど高い熱の出ない方もいらっしゃいます。
風邪とインフルエンザとでは使う薬が違ってくるうえに、インフルエンザだと
学校や職場を一定期間休まなければいけません。早めにきちんと診断をつけるようにしましょう。

2016年1月26日
今月半ばから花粉症の症状が出ている患者さんがお見えになりはじめました。例年より早いですね。
鼻炎や結膜炎以外に皮膚症状の悪化もみられる方もいらっしゃいます。早めの受診をお勧めいたします。

2016年1月5日
昨年末よりインフルエンザの患者さんが増えてきました。悪寒発熱などの症状がみられる方は
早めの受診をお勧めします。

2015年12月7日
マイコプラズマ感染の方が引き続き続き多くみられています。肺炎を起こされてる方も例年よりも
多く、咳や発熱が続く場合は早めの受診をお勧めします。

寒くなってきました。冷え性やしもやけには漢方が有効です。当院では患者さんの体質に
合ったおくすりを選んで処方しています。

2015年12月2日
先月末からお隣の中原区でもインフルエンザの患者さんが少しずつ出始めているそうです。
朝夕めっきり寒くなってきました。風邪をひくと抵抗力が落ち、インフルエンザが
発症しやすくまります。風邪をひかれないよう十分ご注意ください。

2015年10月7日
この秋マイコプラズマ感染症が流行しています。お子様から若い方を中心に流行する
主に呼吸器感染で、発熱や頑固な咳などで発症し肺炎を起こすことも珍しくありません。
また様々な合併症を起こしたりするので注意が必要です。診断は咽頭ぬぐい液、血液検査、
レントゲンなどで判断します。

2015年9月30日
10月1日よりインフルエンザのワクチンを開始いたします。
料金は以下の通りです。
13歳以上:3300円 13歳未満:1回目3000円 2回目2500円
65歳以上(川崎市在住の方)2300円

ワクチンが従来のA型2種類 B型1種類だったものから今年からA.B型ともにそれぞれ2種類になりました。
それに伴いワクチンの価格が大幅に上昇したため、接種料金が変わってしまったことを御了承ください。

2015年9月16日
気圧が低くなったり台風が近づいてくると、喘息の悪化、頭痛、慢性の痛みや
肩こりなどが強くなったりします。まだ暑い日もあるため体調を崩しやすい時期でも
あります。
通常の治療ですっきりしない場合は漢方薬の服用で治療や予防することができます。



2015年6月3日 
ここところ所嘔吐下痢、腹痛で受診される方が増えています。夏日が続いており、食あたりなども増えてくる時期ですウイルス性、細菌性など感染性のものがほとんどであり、症状が改善しない場合は早めの受診をお勧めします。

2015年4月1日
ここのところB型のインフルエンザにかかられた方が散見されます。悪寒発熱関節痛などは、
この冬に流行したA型に比べ症状が軽い印象があります。症状のある方は早めに受診されることを
お勧めいたします。

2015年2月27日
花粉症の症状が出始めた方が急激に増えてきました。鼻や目、のどなどの症状以外に
皮膚の症状が悪化する方も多くみられます。早めに受診しお薬を飲むようにしましょう。
当院では一般的なアレルギーのお薬以外に漢方を用いた治療を行っております。
症状の改善しない方はご相談ください。

2015年1月8日
インフルエンザが流行しています。急激な悪寒、高熱、関節痛など典型的な症状ではなく
ごく軽い症状の方もいらっしゃいます。その場合普通の風邪との区別がつきにくいのですが、
使う薬が違うことや、学校やお仕事とを一定期間休む必要があるのできちんと診断する必要があります。

2014年11月24日
インフルエンザにかかられた方がみられるようになってきました。インフルエンザのウイルスが
体内に入ってきてもかならず発症するわけではなく、過労や睡眠不足など抵抗力や
免疫力が落ちている時、特に風邪をひいた時には非常に発症しやすくなります。
朝晩の冷え込みが強くなり風邪をひきやすくなっています。充分注意してください。
急激な高熱がみられる場合には早めに受診されることをお勧めします。

2014年10月29日
今月は例年に比べかなり早い時期からインフルエンザの患者さんがみられています。
今年は急に高熱を出す風邪もみられており、症状からは区別が難しいため早めに受診
されることをお勧めします。また風邪や体調不良などでも、インフルエンザワクチンを
接種できるかどうかご心配な方はお気軽にお電話ください。

2014年8月29日 急に起こる発熱について
蚊を媒介にするデング熱の発生がニュースで取り上げられました。高熱 発疹 頭痛 関節痛などが主な症状です。
それとは別に先月、今月とインフルエンザの患者さんがみられています。流行はしていませんが、急に高いお熱が出た場合、症状によってはインフルエンザも考えられるので受診されることをお勧めします。


2014年7月16日 夏バテやエアコンによる冷えに対する漢方治療

夏本番の猛暑日が続くようになりました。水分を十分取るなど熱中症への対策はもちろんですが、夏場のだるさや疲労感には、十分な睡眠やバランスのとれた食事など、規則正しい生活が大事です。それでも食欲が低下してしまう方には漢方薬が効果があります。また逆にエアコンが強すぎて、体が冷えてしまい体調を崩しがちな方は、体を冷やしすぎる食事をとりすぎてないか、などを見直してみるのもひとつの方法です。冷えには同様に漢方薬が有効です。

2014年7月9日 リンゴ病について
麻生区の幼稚園で複数の患者さんが発症している、との報告がありました。
正式には伝染性紅斑といい、パルボウイルスによる感染症で、年長児から学童期に発症することが多い病気です。発熱の他に頬や手足に特有の皮疹が見られます。ほとんどは自然に治りますが、まれに合併症を起こす場合があります。基本的には小児の感染症ですが、大人がかかる場合もあり、その場合は発熱や皮疹の他に関節痛やむくみが見られます。
妊婦がかかると胎児に影響を及ぼす場合があり注意が必要です。

2013年8月7日
手足口病について
最近は新聞やニュースなどで取り上げられていますので、ご存知の方も多いと思われます。
コックサッキーウイルスやエンテロウイルスによる感染症で、4〜5日の潜伏期を経て主に手足に痛みのある水疱、口内炎などの症状が出ます。唾や便などに触れた手指からの経口感染、咳からの気道感染でうつります。今年は手足口病にかかる方が非常に多く、また症状もやや重症のようです。通常は手のひらや足の裏に水疱ができますが、今年は膝や肘などにまで水疱が見られたり口内炎が無かったりすることもあります。稀ですが髄膜炎、脳炎などを伴うことがあります。その場合は高熱があることが多いです。疑われた場合は当院では内科でも診察致します。
治療法は特になく自然に治癒するのを待つようになります。かゆみの強い場合は内服薬でかゆみをおさえることもできます。1〜2週間で自然に治癒します。

股部白癬 カンジダ症について
ここ2〜3年多くなっているのが女性の方の股部白癬(ビキ二ライン周辺に生える水虫の菌)や陰部カンジダ症
(陰部に生えるカンジダ菌という菌)です。猛暑の時にレギンスなどをはいてる方に時々みられます。水虫の菌もカンジダ菌もカビなので高温多湿の環境で増えてしまうのです。症状としてはかゆみ、かさかさ、じゅくじゅくした赤みなどです。診断するには顕微鏡で菌を確認する検査が必要です。もし菌が見つかったら菌をおさえる薬がありますが、風通しの良い衣服を着ることも大事です。
2013年7月1日
風疹について

風疹の流行があいかわらず続いています。典型的な症状は発熱、発疹、目の充血で、特に目の充血はほぼ全員の患者さんに認められます。過去に風疹にかかったことがあったのに、と思ってらっしゃった方も
発症しています。
そういったケースは、過去の感染が風疹ではなく風疹によく似た症状を起こすウイルス感染だった
可能性があります。確実な診断の為には血液検査が必要になります。
風疹が疑われ当院を受診される際には、感染予防対策として、あらかじめお電話で連絡していただくか
受付でおっしゃっていただければ、別室にご案内いたします。

子宮頸がんワクチンについて
2013年6月15日

昨日の報道等でご存じかと思われますが
厚労省から子宮頸がんワクチンの接種を積極的に勧めない、との見解が発表されました。
この4月から定期接種に組み込まれましたが、重篤な副反応が現れた接種者が増えたことがその理由です。
当院では今まで1回もしく2回接種された方に個別に連絡をとり、今後の方針につきご相談させていただいてます。
また過去に接種された方で、ご質問等のある方は当院にご連絡お願いいたします。

細菌性腸炎 食あたりについて

2013年2月26日
今年も花粉症が悩ましい時期になりました。最近目の周りや頬、
首などが赤くなったり痒くなったりする患者様が増えてます。
毎年決まってこの時期にこのような症状で受診される方もいます。

冬の終わりかけに花粉が飛び散ると花粉皮膚炎が発症することがあります。
花粉が皮膚に付着して炎症がおこるため、痒くなるのは顔や首や手
などの服から出ている部位に多いのです。
鼻炎とともに発症する人もいれば、鼻炎が全くなくても皮膚の
かゆみだけの人もいます。

治療法としては、塗り薬のみで良くなる方もありますが、それでも治り難い場合には飲み薬も有効です。
飲み薬は花粉症の薬と同じですので内服していると皮膚炎も鼻炎も
両方軽快します。
予防法としては外出から帰ったらすぐに顔を洗う、服にはよく
ブラシをかけるなどするとよい、と言われています。

サンライズクリニック

〒213-0011
神奈川県川崎市高津区
久本3-2-22 
ヴァンドーム102
TEL 044-850-1888
FAX 044-850-1887

10月1日よりインフルエンザのワクチンを開始いたします。
料金は以下の通りです。
13歳以上:3300円 13歳未満:1回目3000円 2回目2500円
65歳以上(川崎市在住の方)2300円
copyright©20XX Sunrise Clinic all rights reserved.