検査、機器                         

 
                                                     

三次元眼底像撮影装置(OCT)  眼底に弱い赤外線を当て、高解像度高速スキャンで三次元撮影することにより、緑内障や黄斑変性等後眼部疾患の診断、進行の把握(経過観察)に有用です。

  オートケラトレフラクトメーター   この検査での数値を参考に、視力表での視力検査を行います。また、コンタクトレンズを処方するときは、角膜(黒目)のカーブ(=レンズのベースカーブ)も測る事もできます。
近視や遠視がどのくらいあるか、乱視がどのくらいあるかが分かります。

 ノンコンタクトタイプトノメーター   眼に空気をあてる、簡単な眼圧検査。ここで、高い数値であれば、診察室でより正確な検査を致します。 
眼圧は、緑内障などで高くなります。40歳
では、30人に1人の割合で緑内障があると言われています。

 スペキュラーマイクロスコープ   コンタクト等で角膜を傷めると、角膜内皮細胞が減少します。内皮細胞の状態を見ることができます。手術の前後にも、角膜の状態を見るのに使います。

 オートレンズメーター   患者さんのお持ちの眼鏡やコンタクトの度数を測る事ができます。

 自動視野計   視野変化を生じる病気の診断、経過を見ます。緑内障や脳梗塞では、視野が狭くなります。

 超音波診断装置   超音波画像診断で、眼内の状態や、眼の奥行きの長さから白内障手術で使用する眼内レンズの度数を調べます。

 
アルゴンレーザー光凝固装置   糖尿病性網膜症や網膜剥離等の治療に使います。糖尿病性網膜症における新生血管を処理し、網膜剥離における、網膜裂孔を処理します。

 YAGレーザー   後発白内障の治療や緑内障の虹彩切除等に使います。1度白内障の手術でよく見えるようになっても、また見えにくくなることがあります。その原因となる膜をレーザーすることが出来ます。

 散瞳型眼底カメラ   眼の奥の網膜と視神経乳頭(視神経と眼球との接点)の様子を見ます。

 


 
カールツアイス スリットランプ   診察室での顕微鏡検査で、瞼や眼の表面から眼底まで拡大して観察できます。

 
カールツアイス 天井懸架手術顕微鏡   2階手術室での手術に使用しています。

 
超音波白内障手術装置

などが、あります。   



手術            ベルの絵 手術等


  手術


 ○現在当院での手術を休止しております。



  白内障手術について

 白内障手術の適用
手術をする方が良いという時期は、見え方、年齢などいろいろと総合して決まり、院により若干異なると思われます。ご相談ください。

 





ホームページへのリンク