「喰いタン」/ドラマレビュー

主題歌♪「結晶」 B’z

■スタッフ 原作…寺沢大介 「喰いタン」 脚本…伴和彦 演出…中島悟 渡辺智明 他
       プロデューサー…次屋尚 山本由緒 協力プロデューサー…和田豊彦 井下倫子 

■キャスト 高野聖也…東山紀之 野田涼介…森田剛 緒方桃…京野ことみ
       出水今日子…市川実日子 金田一…須賀健太 五十嵐修稔…佐野史郎
       山内崇…伊東四朗 他  

〜第3話〜
今回は“喰いタン”が汐留の某TV局で大暴れ!(笑)
クイズ番組に回答者としての出演だったのですが、テレビ番組のセットならドラマの大道具さんも
お手のものですね。(’-’*) フフ
しかし市販の「胡椒」の中に“そば粉”が入ってるものがあるなんて、初耳でしたわ。
高ビーな司会者の川上(平泉成さん)がアレルギー体質で、何者かが仕組んだ“そば粉”で番組
収録中にショック状態に陥ってしまったのですが、疑われたのが涼介の後輩でフードコーディネーターの
瞳(須藤温子さん)。
そのすぐ後にもマダム・ラン(銀粉蝶さん)のペンダントに付いていた大粒のダイヤも無くなってしまい、
またまた疑われる彼女。(^_^;)
これで彼女が犯人じゃないって、すぐに判りましたけど(笑)
で、何に“そば粉”が入ってたか調べる為に、川上が楽屋で食べたモノ&番組の中で出された料理を
全部食べ尽くす聖也でしたが、またまた見事な食べっぷりでしたね〜。
それに舌だけで“そば粉”を見つけるなんて、流石ですわ。
結局はステーキソースの中に入っていたのですが、胡椒ではなくマダム・ランの喉のお薬に見せかけた
“そばの花蜂蜜”だったんですよね。
そこまで微妙な味が判るなんて、凄過ぎます!(笑)
そして大粒のダイヤも偽物…。
美味しそうな泡がわざと作られたビールの中に隠されていたのですが、TVで見栄え良くさせる為に色んな
工夫がされている裏ワザが少し分って面白かったです。
毎回色んな食べ物が出てくるので楽しみなんですが、ドラマの内容はお子ちゃま向けなので、ちょっとレビュー
し難くなってきました。(^▽^;)

次回からはリタイアさせて頂くかも…。

〜第2話〜
これ観ると必ず食べたくなりますわ(笑)
今回の被害者の胃袋の中には“麻婆豆腐”らしき食材が消化されずに残されていた訳ですが、
その中の一つ『納豆』にちょっと引っかかってたんですよね。
味付けに使われる“豆鼓醤”の代わりに…と、預かることになった被害者の息子さんの為に、
京子が味を再現しようとするのですが同じ味にならない。
中華料理店主=中華料理…と、ここでもまた思い込みが捜査の妨げになってました。(^_^;)
しかし捜査の為に全店の麻婆豆腐を食べ尽くそうとした聖也は、さすが『喰いタン』見事な
食べっぷりでしたわ(笑)
あの支払いは警察の経費で落とせるんですか?(^^ゞ
たまたま「ホームズ・エージェーシー」に来ていた金田一少年が被害者の息子さんと間違われて、
犯人一味に誘拐されたのは災難でしたが、聖也達と知り合って“孤食”からは解放されそうですよね。
それに食べ物は粗末にしちゃダメです!
相変わらず涼介はダメダメでしたが、一緒に誘拐された時の一少年とのやり取りは良かったですわ。(^_^)
そして聖也のお陰で無事に涼介の居場所の和食屋さんが特定された訳ですが、真っ先に心配してた
のが“幻の肉まん”の引換券って〜(≧∇≦)ノ彡 バンバン!
東山さんが真顔で演技されるので、可笑しさが倍増ですわ〜。

〜第1話〜
まず第一印象は「ヒガシって、“キレ”があるわっ!」(笑)
とにかくどんなシーンでも、彼の所作はキビキビしてて、懐から“マイ箸”を取り出す時も
肉まん一つ食べる時でも「キビッ!キビッ!」(≧∇≦)ノ彡 バンバン!

食いしん坊探偵…略して“喰いタン”こと高野聖也(東山紀之さん)は、探偵事務所「ホームズ・
エージェンシー」に新リーダーとしてオーナーから呼ばれたようですが、まだまだ謎が多いですね。
彼の素性は殆ど明かされていませんし、何でまたチェロなの?とか(笑)
この辺は後々にエピが出てくるのかも知れません。
そして所員の野田涼介(森田剛さん)と出水京子(市川実日子さん)ですが、森田君ガラ悪っ!(笑)
でも見た目とは違ってちょっと3枚目的なキャラのようで、そこがまた可愛いですやん〜(^.^)
京子のキャラはほのぼのしてますが、しっかり者という感じで上手くまとめてくれそうですね。
今回のお話は不動産業を営む山下正治(石田太郎さん)という人物が殺され、犯人は出前で残されて
いた「うさぎ寿司」店主だった訳ですが、そのカギが店に出すのと出前用の“お寿司”の握り方の違い
だった…というのは結構判りやすい展開。
これにはすぐに気づいたので、まずは登場人物紹介の為の回だと睨みました!(笑)
あとはどう見ても「コナン」の金田一少年(須賀健太君)の飼ってるネコが“美雪”というのもお約束?
でも今回だけの出演じゃ無く、子供なのに依頼として1万円をポンポン出してたので、彼にはまだ何か
色々とありそうですよね。
桃ちゃん役の京野ことみさんは、キャリアで年下の部下を顎で使うような警部…珍しく厳しそうな
キャラですが、“桃ちゃん”とあだ名を付けられるぐらいだから、周りからはそう見られてないようですわ(笑)
そして五十嵐(佐野史郎さん)は空回りキャラの刑事みたいで、署長の山内は伊東四朗さんに
ピッタリ♪
これから“喰いタン”のお手並み拝見といきたいところです。
それにしてもドラマの中に出てくる食べ物の数々…。
余ったモノはどうなってるのかな〜?と思いきや、ちゃんとスタッフさんの胃袋の中へと収まってる
みたいです(笑)
公式サイトでは「本日のいただきます」というコンテンツで実際に売られている食べ物を紹介してくれて
ました。