支部の特色


総本山研修日誌

   豊島北道場  大池道場  箕輪道場 刀根山道場 

園田南道場  

お宝写真館・その1  夏合宿  お宝写真館・その2

動画

空手道の歌


        生徒達に読書を推奨しています。出席カードの説明。
一回稽古に来るごとにハンコを1つ押します。すべてのマスが埋まった時点(50回)で図書券と交換しています。本を読むと言うことが非常に「大切」だと言うことを教えています。
        毎年・年一回・全員参加の「紅白戦」を行っています。
幼児から一般まで型・基本・組手の試合を行います。勝ったチームには「賞状」「賞品」が与えられます。日頃の稽古の成果を活かす場所です。
そして「努力賞」1名「敢闘賞」2名「技能賞」1名「最優秀選手賞」1名が選ばれます。
                拳士通信を発行しています。
毎回、「行事」の後に配られる「支部会報誌」です。審査の結果や大会の入賞者などの「報告」のほかに、「空手の知識」「黒帯への道」などを連載しています。
              豊島北支部・大池支部・父兄会
豊島北・大池の保護者の方々は「夏合宿」「錬成大会」「バーベキュー大会」など、しっかりサポートして頂いております。また、親子で稽古に励むお父さんもいます。
                 10級の受験資格について
「全基本7番」までのうち、1、2、3、までが出来るようになって10級を受験することができます。
1つ基本が出来るようになると帯に一本、線を入れます。 3本線が入って初めて「10級受験」となります。
                    夏合宿
毎年、夏休みに合宿を行っています。食材を自分たちで料理したり、「キャンプファイアー」など
日頃の稽古とは一風変わった自然環境の下で、仲間と寝食を共にしています。
              総本山宗家直伝講習
宗家先生から直接指導を受け、支部長が名代となって生徒達に指導しています。
                   拳士会
チョッと「グレイシー」一族に決めてみました。
拳士会のメンバーは「空手の稽古」の他にも、
酒をたしなんだり、
ビールを飲んだり、アルコールを摂取したりしています。
(酒飲んでばっかりやないか!)
            子どもを対象とした護身術教室

腕力のない子どもが、おとなの手の関節を極めたり投げ飛ばしたりするのは至難の技であり、ほぼ不可能に近いといえます。

そこで、相手の油断を誘いながら子どもでも出来る「打撃技」を使って急所を攻撃し、危険を回避する護身術の講習会を年に2回、小学校の招きを受けて指導しています。

大きな声を出すコツホウキを使った攻撃なども練習しています。


戻る