大阪 豊中






練習風景
2006年 1月28日

このページは黒木一雄くんの撮影協力を得て、作成させてもらいました。



★この場を借りてお礼申し上げます★


                    忙しく走り回る支部長

         「豊島北・大池」4歳(年中さん)から入門することが出来ます。

     小さな体で一生懸命稽古する幼児の姿には、小学生の先輩拳士たちにも

                  かなり刺激になっているようです。
                  睡魔と闘うチビッ子拳士
              
              がしかし、チビッ子拳士たちにとって、

        午後7時すぎと言うのは睡魔が襲って来る時間帯でもあるようです。

         半分、夢遊病者のように基本の稽古を繰り返す拳士を見ていると、

              思わずギュ〜っと抱きしめてやりたくなりますね。(笑)
                 ハンドミットを使った練習

      小学一年生といえども、おとな顔負けの「廻し蹴り」を放つ拳士もいます。

        軸足をしっかり回転させ、腰の入った蹴りでミットをパ〜ンと弾く音は、

          いつ聞いても心地のいいもんです。将来が楽しみですね。ええ。
            休憩が終わった後、整列する白帯の拳士たち。

       「豊島北・大池」では、級ごとのレベルに合わせて、指導しています。

         先輩後輩に教えることによって、再度自分も学んで行きます。

   「先輩は後輩を自分以上の人材へ!」それが我々の変わらぬスローガンです
        大きな大会を視野に入れ、型の反復練習を繰り返す拳士たち。

     「豊島北・大池」では、拳士たちに目標を持たせることが大切だと考えています。

                積極的に大会に出場するように勧め、

      そこで「勝つ喜び」「負ける悔しさ」を味わいながら、一歩ずつ階段を上がり

           自分の目標を掴み取ってくれる事を、切に願っています。
                茶帯同士で稽古する約束組手

        「黒帯への道」で最終的にクリアーしなければならないのが、

               「約束組手」1〜37番なのです。

  予め攻撃側防御側の動作が決められており、何百回、何千回と同じ動作を繰り返し、

              技を練りながら体に染み込ませて行きます。

      カメラを意識したせいか、受けも攻撃もウダウダになっていますが・・(笑)
           お父さん、お母さんへ、感謝の気持ちこ込めて

          稽古の最後は必ず「ご父兄」に対して礼をして終わります。

               学校で勉強していろんな事を学べること、

               美味しいものを食べて精一杯遊べること、

                 空手を通して礼儀作法を学ぶ事を、

    お父さんお母さん感謝の気持ちを込め、最後にかならず「礼」をするのです。
                 元気ハツラツ男子拳士!!

   「どっからでも掛かってこんかい!」とでも言いたげなヤンチャな拳士たち。

      基本の稽古中に一人がトイレに行くと、この中の半分がいなくなります。

             そう、いわいる「ツレション」とゆうやつですね・・・・

   極寒の中での生理現象は、さすがの支部長も止めることは出来ないのです。ええ。
                どこか凛とした女子拳士たち!!

        女子拳士たちが元気がいいのも「豊島北・大池」の大きな特色です!

               体験入会お母様方も交えてのショット。

          さぁ、このなかから何人の「志保美悦子」が誕生するのでしょう?

                今からものすごく楽しみですね・・(笑)


戻る