師範への道




物心ついたときから父より空手の手ほどきを受け、嫌々ながらも空手の稽古を続けた幼年
期。徐々に空手の面白さが判りだし、父を羨望の眼差しで見ていた小学校の高学年から中
学生時代。

長い長いブランクの後、今から13年前に再び錬心舘の門を叩き、無我夢中で稽古に明け暮
れた「初段の時代」。とにかく組手が強くなりたくて、地区本部の中で1番強い先輩の所へ出
稽古に通い続けた「弐段の頃」

自分の道場を持ち、人に教える難しさを痛感しながら試行錯誤した参段の七年間。そしてつ
いに「平成18年12月17日」、総本山武学舎で宗家先生から「直伝棒術」の講習と、錬士四
段昇段試験を受けることが出来たのだ。

総本山に行く前に、安芸地区本部の川本師範、大阪狭山・研学舎支部の池本師範から、総本
山に棒術を習いに行くのであれば、「棒の型」(徳嶺の棍)の順番だけでも覚えて行ったほうが
いいと言う助言を頂き、

それから必死のパッチで、夜な夜な近所の公園に出向き、六尺棒を振り回す支部長なのであ
りました。暗闇で愛をささやくカップルや、犬の散歩にやってくる人々をも寄せ付けず、ブンブン
と棒術の稽古を繰り返すこと2週間、一応の順番を体で覚え、いざ鹿児島へ・・・・

「武学舎」で宗家先生とご一緒に昼食をとらせて頂いたあと、いよいよ、棒術・宗家直伝講習
の始まりである。ただ、ビデオを観て「型の順番」を覚えただけでは、やはり無理があった。

一つ一つの動作の意味を知って、初めて「本物の型」に成ることを改めて悟ったのでありま
す。ただ、ここへ来るまでの猛特訓も決して無駄ではなく、「キミはよく練習してきたね!」
言う宗家先生からの暖かいお言葉を頂いたのでありました。

「丹田」に意識を集中するように!と言う宗家先生のご指導の下、約2時間、みっちり「棒術」
の講習が行われたのであります。




さぁ、そしてここからが、いよいよ「昇段審査」の始まりです。

宗家先生がテーブルに着かれ、審査用紙とペンを持たれ、私の審査をして下さるのです。本
日、宗家先生から教えて頂いたとおりに「棒の演武」をしなければなりません。

「はじめっ!」の号令で、意識を「丹田」「棒」に集中し、私は無我夢中で「棒の型」を打ちま
した。最後の直れの姿勢に入ったとき、宗家先生は小さく頷かれ、

「よく棒が振れていたね!今度キミの地区本部が主管で関西連合大会を開くとき、キミ
が棒の演武をしなさい!」

と言うありがたいお言葉を頂き、「錬士四段」に昇段しました。



これでやっと「親父」に並ぶことが出来ました。親父から遅れること42年と89225号

幼い頃から憧れていた父と同じ段位に成り、正真正銘の師範に成ったのです。

家に帰り、親父の免状の隣に自分の免状を置いたとき、自然に涙がポロポロとこぼれて来まし
た。長い年月を掛けて1つの目標を達成した、そんな充実感でありました。



大阪へ帰ると、家族はもちろん、後輩、生徒、ご父兄の方々にも大変喜んでいただき、出口指
導員が発起人となって、私の「昇段祝賀会」を開いてもらえることになりました。

12月22日(金)年末の慌ただしい日にもかかわらず、大阪梅田にたくさんの方々が集まって
下さいました。大勢の方々からお祝いの言葉を頂き、感無量の支部長。



今、「錬士四段・師範」に成って思うことは、本当に空手を続けて良かったと言うことです。

良き、後輩、弟子、ご父兄のみなさんに恵まれたことで、より一層の使命感が湧いて参りまし
た。必ず皆さんを「黒帯」まで導き、また「空手の素晴らしさ」を日々伝えて行けるよう、最大
の努力をしていきます。

最後にみなさんから頂いた「帯」を見たときは、もうかなりヤバかったです。

涙をこらえるのに必死でした。本当にありがとうございます。



それから、「豊島北・大池」の子ども達にひとつ謝っておきたいのは、今までみんな私のことを
「師範!」「師範!」と呼んでくれて「ハイハイ!」と返事をしていたけど、おじさんはね、本当は
「師範代」だったんだよ。ごめんね!

  もうこれからは、正真正銘の「師範」ですから、胸を張って「ハイ!」と答えます・・・(笑)

最後になりましたが、今回、私を「師範」に推挙して頂いた

現・関西地区本部長「山田榮二」先生に心より感謝申しあげます。

そして、これが本当に最後の最後になりますが


宗家先生、私の名前は「ちくじ」ではなく「つきじ」であります・・・(汗笑)




戻る
戻る