ボチボチ不定期に更新しています。

独り言バックナンバー



支部長の独り言
本日のランキング

2012年04月06日
              「嗚呼、エイプリルフール・・・の巻き

       いやいや、年々クオリティが下がってきているのだろうか?

       今年の4月1日に空手関係者に送ったエイプリルフールメール

              そのメールをざっと紹介すると・・・・・


錬心舘関係者の皆さま

春がもうそこまで来ている今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

さて、私築地は兼ねてから宗家の構想にありましたオセアニア地区拡大の為、来月5月より1年間、オーストラリア・メルボルン支部の支部長として門下生の獲得及び育成に尽力するため現地に赴任することになりました。

地区本部長のジェームズ・ホッジ師範のサポートを受けながら、これからオーストラリアの組織拡大に邁進する所存であります。

尚、今後の築地道場は播磨の大垣師範が指導にあたることになりましたので、以上のことご理解とご協力を賜りますよう、宜しくお願いいたします。

錬心舘オセアニア地区本部 メルボルン支部長

築地愼吾


         写真付きで送ったこのうそメール、30件も送ったのに

引っかかってくれたのはたったの3名、その3名の中に支部長の弟が入っていたので身内以外ではたったの2名だけなのである。

昨年は時期的なこともあり、市会議員に立候補するというメールに半数以上が引っかかり、大成功!達成感にひたっていたのだが・・・・

やはり、一年ほど空けてから再びアッと驚くタメ五郎メールを送ったほうが良いのであろうか?

数年前の4月1日には、独立して館長になりますメールを送り、数名の師範から

             シャレにならんうそはヤメてくれ!

             っと、お叱りを受けたのだが・・・

    何か、4月1日にみんなが引っかかるイイうそはないものだろうか・・・

          これから1年掛けてゆっくり考えます。ええ。


         (*^▽^*)




2011年11月19日
               「なぜ握れんのじゃ!・・・・の巻き

       支部長が道場開設以来、ずっと疑問に思っていたことがある。


それは、子どもたちが拳を握れないことなのである。指導員時代にも拳を握れない子どもは数人いたが、この十数年の間に、その数は顕著に増え続けている。


今時分の子どもは、そんなに握力が低下しているのだろうか?鉄棒運ていといったもので遊ぶことが無くなって来ているからだろうか?


ネットオークション碁石を購入し、それを両手に握らせながら基本をやって見たりしたのだが、あまり効果はなかった。


そして考えに考えたあげく、拳に隙間が開いている拳士の手を、結構きつめに叩くことにしたのである。白帯黄色帯は大目にみることにし、そのかわり緑帯以上はバンバン叩いていく・・・


紫、茶帯はその数倍の強さで叩く、するとどうだろう、の握りが8割がた改善された・・・(笑)


   時には、愛の鞭として叩くことも必要だと、今回つくづくそう感じたのである。


ただ、最近の子どもが拳を握れないことは、やっぱり気になる。元来、空手は巻きなどを叩いて拳を鍛えて来たわけで、さりとて子どもに巻き藁を突かすことも出来ず、頭の痛いところなのである。


しっかり握れていないで突いたところで、相手には効かず、逆にコチラがケガをするのが関の山・・・


    いざと言うとき、役に立たなければ、それは空手でも何でもない!


                  愛する教え子のため、


     今後は、コブシを効かせた号令で指導していかなければ・・・


               そう痛感した支部長であった・・・

                 (・・・久々にオチつけたね・・・)


           (-_\)
2011年10月23日
                                  「アラ、見てたのね・・・・の巻き

  あぁ〜 緊張するなぁ・・・ いやいや、明日のTVの収録のことなのである。


      まぁ、TVと言っても超ローカルなケーブルTVなのであるが・・・


来月の15日に開催される「市民のつどい」の告知を、市の健全育成協議会・副会、そして校区の健全育成会・会長として宣伝をする訳なのだが・・・


          私がTVで告知することが決まり、戸惑っていると、


      児童生徒支援チーム(旧青少年補導センター)のトップの方から、


   「築地さんのHPみたいにやって頂いて結構ですから」といわれた・・・


             びえぇ〜〜〜


            みっ、見られていたのか?このHPを・・・・


      いやぁ〜 オモシロいですね、築地さんのホームページ


          チーム長さんからのお言葉に、恐縮至極の支部長。


         いやいやいやいや、何をおっしゃいますやら・・・


今から9年前に開設したこのHP、人の悪口や政治・宗教・凶悪事件はゼッタイに書かないと自分で決めた約束事を、


                守ってきて本当に良かった〜


               っと、つくづく思ったのである。ええ。


      で、実に久しぶりに、このHPを時間を掛けて読み直してみると、


                  確かにオモシロい!(笑)


            へえぇ〜 俺こんな事を書いてたんや・・・ 


       ようこんなけオチをつける話しを書けたなぁ・・・ などなど・・・ 


            結構、自分自身で感心してしまったのである。


おかげさまでアクセス件数16万を超え、毎日誰かがこのHPを閲覧してくれていると思うと、感謝の気持ちでいっぱいになってしまうのだ。


    っとまぁ、それはさておき、明日は噛まずに告知が出来るのだろうか?


     TVに出るのは初めてでは無いにせよ、やはり緊張はするのである。


         ミオ!レオ!見てるかぁ? パパ頑張ってるでぇ!


         なんて言ってしまうと、もちろんカットやろうなぁ・・・


     まっ、とにかく、いつものハイテンションでビシっ!と決めてきます。


        朝、昼、晩と、日に3回、一週間くらい流れるそうやからね、


                  もう、有名人ですわ!


               コレが全国区のTVやったらなぁ〜


                空手か?歌か?マジックか?


          いつか全国区のTVに出れるように頑張ります☆



           (^〇^)
2011年07月15日
                 「現在・過去・未来・・・の巻き

 先々週の日曜日、関西連合会・会長新築道場内で重要会議が執り行われた。


各地区本部師範たちが集結し、時代の推移を鑑みながら喧々諤々の意見が飛び交ったのだが、今更ながらに敬服したのは、各先生方の錬心舘空手道にたいする忠誠心なのである。


私自身、末席を汚す身として意見を述べさせて頂いたのだが、一師範の意見を真剣に聞いてもらえただけでなく。今後の課題として前向きに検討してくださるという先生方の姿勢に、唯唯、敬服するのでありました・・・


また、関西連合大会のパンフレットには昭和39年からの長きに渡り、過去に錬心を離れて行った本部長功労者、型・組手優勝者の名前がそのまま記録として記載されている。

これは取りも直さず、この少林寺流錬心舘・関西連合会の懐の深さを物語っているように思えて成らない。


残念ながら、過去に大変お世話になった先生先輩方が今では錬心舘を離れ、個々の道を歩んでおられます。


仮に進む道は違っても、先生先輩方恩人であることは間違いないし、共に稽古で汗したことは、今でも大切な想い出として私の心に残っています。


もう同じ道場同じ旗の下で稽古することは出来ないかもしれないけれども、先生先輩方から教えていただいた「技」を、これから自分の教え子たちにも学んでもらうつもりです。


 ただ、惜しむらくは、ずっと一緒に同じ旗の下で空手の修行がしたかった・・・


   こんなことを言っても今更どうにもならないと分かってはいるのだが・・・


    みんさんの分まで、私は少林寺流・錬心舘日々精進して参ります。



          (*^_^*)

2011年07月03日
                 「初心に帰る・・・・の巻き

       先週の金曜日、数年振りにと2人っきりで話しをしました。


この姉と支部長とはの双子でね、経済的に苦しい中で、いきなり双子が生まれたもんだから、2歳から6歳までの4年間、姉は母方の実家があった奄美大で暮らし、


支部長は両親と3人、大阪で暮らしていたのでした。小学校入学を機に再び姉と暮らし始めたのだが、振り返れば、友人でありであり、年は同じでも母親代わりでもあった姉。


20代の頃は三原じゅん子と呼ばれていたその姉も、今では森三中黒沢さんへと変貌を遂げていたのである・・・(笑)


            そのから、いやぁ〜 怒られたなぁ・・・


いろいろ自分が思っていること、家庭・仕事・空手現状を話したんですけど、支部長の短所長所を見事に羅列し、後半はダメ出しのオンパレードでした・・・


        そして最後に「初心に帰れ!」そういわれましたね。ええ。


家庭も仕事も空手も初心に帰る。2人の子供に恵まれ、理解のある会社のおかげで空手を教えることが出来、曲がりなりにも11年間に渡り、教え子たちと空手の稽古が続けられている。


   そのことに感謝し、もう一度、それらすべてを始めた頃の気持ちに戻れ!


そう言われたのである。確かに、仕事でも後輩が出来、11年も支部長をやってになってしまうと、なかなかこういう風に怒ってくれる人もいなくなる・・・ 


               もう、えぇオッサンやしね・・・(笑)


家庭仕事空手も知らず知らずに独善的になっているところがあるかもしれない。


     そこで、この多感な時期から苦労を共にしてきたからの助言


             支部長のを揺さぶるものがあった・・・


        お父さんから受け継いだ空手をもっと大事にしいや!


        三原じゅん子の声は厳しく、そしてやさしくもあった・・・


               


        ( ^^)/\(^^ )

2011年06月25日
              「老いたからだと向き合う・・・の巻き


   ココ最近、困ったことに悩まされている。そのこまった事とは、ズバリ!

           からだの老化現象なのだ。つい先月の稽古中、

           蹴りのスピードが遅い教え子たちに業を煮やし、

            えぇかぁ〜!蹴りはこうやって出すんや

            っと、支部長が左の前蹴りを出した途端に

ベキッ!っと太ももウラの筋肉が肉離れを起こしたのである。決して準備体操ストレッチを怠った訳ではなく、いつも通りにちゃんと行っていたはずなのに・・・

             コレが老いというものなのであろうか?

 脳から指令を送る自分の蹴りのスピードに、体がついて来なくなっているようだ。

          いやいやいやいや、まだまだ老け込むには早すぎる。

自分より10歳も年上のジャッキーチェンがあれだけの動きを見せているではないかぁ!

ハリウッドスタートといえども同じ人間、何か特別なストレッチ方法でもあるのだろうか?

いずれにしても毎週3回の指導をいかに効率よく出来るようにするかが、今後の課題になりそうだ。

         確かにいつまでも若い頃のように体は動いてくれない。

でもそれを超越したところに真の武道の本質があるように思えるねんけどなぁ・・・


          (*^.^*)

2011年06月19日
               「ご無沙汰しています・・・の巻き


         いやいやいや、皆さま大変ご無沙汰しております。


10日ほど前からブログをお休みして、新しい指導方法を考えたり、読書などを通して見聞を広げているところです。ええ。

支部長になって11年目に入ったのですが、自分の思いを教え子に伝えるのは本当に難しいですよね。

         結局は空手を習う本人のやる気に掛かっているんですが、

             やる気があるのに教え子が伸びない。

          それは指導者の責任だと支部長は思っております。

          「速く正確」に動くにはどんな稽古方法がいいのか?

     あぁでもない、こうでもない、と自問自答しながら改革に取り組んでいます。

               あぁ〜空手は奥が深いなぁ〜



           (^_^;

2011年01月03日
               「またまた1年ぶりの更新・・・・の巻

                  いやいやいや、皆さま、

        新年あけまして

      おめでとうございます


 1年に1度の更新になってしまっていますが、支部長何とか元気にしております。

           今年は、ずっと続いてきた寒稽古が中止となり、

              拳士たちも大変残念がっております。

           今年は宮崎県全国大会が行われることとなり、

        その大会に向けて拳士たちも気合も上がって行くことでしょう!

        そして二月に入ると、お母さん拳士である森山まゆみさんが

                  弐段昇段の審査を受けます。

            築地道場が開設してから初めての女子での弐段

                  とても楽しみにしています。

            それでは皆様、本年も宜しくお願いいたします。


           m(_ _)m

2010年01月01日
                「1年ぶりの更新・・・・の巻き

                  いやいやいや、皆さま、

        新年あけまして

      おめでとうございます


             前回の更新からちょうど1年がたちました。

       皆様方におかれましてはその後、お変わりありませんでしょうか?


さて、いよいよ2010年、平成22年が始まった訳ですが、この5月築地道場開10周年を迎えます。皆様に支えられながらココまで来れたこの10年

                本当にありがとうございました。

     コレをひとつの節目として今後も精進していきたいと考えております。


      手前味噌な話しで恐縮ですが、このHP支部長のブログである


     「支部長のショートメッセージ」も現時点では「人気ランキング」


               何とか1位を維持しております。


  今後とも皆さんに楽しんでもらえるHPブログにして行きたいと思いますので、


             本年もどうぞ宜しくお願いいたします。


         取り急ぎ、新年のご挨拶と、今までのお礼まで。



          m(_ _)m


2009年01月01日
                「ご無沙汰してます・・・・の巻き

        いやいやみなさん、大変ご無沙汰しております。まずは、


  明けましておめでとうございます。


昨年6月に始めた「支部長のショートメッセージ」が事のほか好評でしてね、そちらの方に気を取られてしまい、コチラのほうの更新がまったく出来ておりませんでした・・・

今後は何か違った形で、この「支部長の独り言」を続けて行きたいと思っております。例えば、短歌や、はたまた謎掛けなどなど・・・

元来、文章を書くのが大好きでしてね、今後もみなさんを笑わせたり泣かせたり、とか出来ればなぁ〜 なんて考えています。


それでは今後とも当築地道場のHPを宜しくお願いいたします。 by 支部長


          (*^O^*)

2008年06月18日
                 「娘への悩み・・・・の巻き

つい先日、新聞の夕刊旅行特集の広告を見ていたんですが「グム」がいつの間にか「グム」という表記になっているので、いやいやいやと、インターネットや旅行雑誌を見ると、


すべてが「グム」普通の大きさになっており、これは参ったなぁ〜 と自分だけが知らなかったことを恥じてしまい、モノがものだけに


   島流しにあっていたような気分


         になってしまった支部長です。おはようございます!


いやいや、今日はみなさんにぜひ是非聞いてほしいことがありましてね。実はうちの幼稚園に行くのがイヤで、幼稚園を辞めたい!なんて言い出したんですよ・・・・


これには私自身、かなりのショックを受けましてね、幼稚園の年中で、すでにドロップアウトなんて・・・ まぁ、考えようによれば、家にいるほうが楽しいということで、それはそれで、ある意味良いのかもしれませんが・・・・


いやいやいやいや、せっかく「お友達」をたくさん作って、いろんな事を学ぼうね!ということで幼稚園に通っているのだから、そこはホレ!親の気持ち気持ちよく察知してくれんと・・・・


って、五歳児にそんな親の意向が判るはずもなく、今日もややテンション低め稚園に通うミオ。聞くところによると、幼稚園年少さん年中さんが一旦幼稚園の門から中へ入ると、付き添いの先生が、ゼッタイに後ろを振り向かせないんだとか・・・・


なぜなら、園児が振り向いて、門の向こうにいるお母さんの姿を見て「帰りた〜い」と泣き出してしまうと、どうにもこうにも収拾がつかなくなるからだという。


           まるで※グレープ「無縁坂」の世界やん・・・・


※グレープ=ぶどうではなく、さだまさしがバイオリンを弾きながら歌ってい                   た頃のグレープいやグループ。


まとにかく、何とかが元気にたのしく幼稚園に通ってもらうにはどうすればいいのか・・・? 


             んむぅ〜難しいよなぁ〜・・・


毎朝、「プリキュアのカード買ったるから」では支部長の小遣いがすぐに底をつくし・・・ 「お前を幼稚園に行かすためにナンボ掛かってると思ってんねん!」ではあまりにも恩着せがましいし、「よし分った!んじゃパパが幼稚園に行くからお前が会社に行け!」ではすぐにから、


   なんでやねん!


        というツッコミが入るのは間違いなさそうだし・・・・


あのねぇ、ミオちゃん、人は世間の荒波に飲まれ揉まれ飲まれて大きく成って行くんだよ。今はツライかもしれないが、きっと、あのとき幼稚園に通っててよかったと思うときが来ます。


空手もそう、今はおもしろくないかもしれないけど、いつかきっとパパが言ってたことが分るときが来るからねぇ、いや、幼稚園空手のことなんかより、


         パパのこと好きですか?ってパパが聞いたとき、


         ふつう!


          と答えるのだけはやめてくれないかなぁ・・・ 


         その言葉を聞く度にパパの心は傷つきます。


話しが大きくずれましたけれど、が楽しく幼稚園に行くには、どうしたらいいんでしょうかねぇ、みなさん。


           どこかに単位制幼稚園とかありませんかねぇ
              (・・・幼稚園に単位はないやろ・・・)


まぁまぁ、子どもたちが楽しく、またあふれんばかり幼稚園に集って娘のミオと一緒に、すべての子どもたちの悩みが、



         園満解決


      できるように祈っている支部長なのであります。ええ。



         (*^▽^*)





2008年06月09日
                「蛍の夕べ、その・・・・の巻き


なななっ、何とぉ! 数十匹ホタルピカピカと光りながら、所狭しと縦横無尽森の中を、飛びまっくっているではないかぁ! 


いや、「ピカピカと光る」は適切な表現ではなく、幻想的な光を放ちながらギャラリーの視線を一身に受け、悠々と舞っている・・・・・


               っと、ふと我に返り憤る支部長


       えらい話しがちゃうやんかぁ!


 あの係員のおじさんが言うとおり、滝の前で親子4人でずっと待ってたのに・・・・


ひょっとして・・・ 混雑を避けるため、人を分散させておこうと言う「主催者側の企み」だったのではないか?と思うのは支部長の考えすぎだろうか・・・・・


とにかく、幾分かの遅れはとったものの、気を取り直して再び「日本庭園内」を歩き始める支部長ファミリー うわぁ〜 何か感動的やよなぁ〜 


     生まれて初めて見るホタルの姿に、支部長も思わずノッテくる。


      なぁ、ママっ!これはアベックで来てもイイかもねぇ〜


  はぁ?アベックぅ? パパ、今どきアベックなんて誰も言わへんよ!


なんと!支部長の後方にいた、それこそアベック「支部長夫婦」の会話を聞いて、クスクスと笑っているではないかぁ!


  なんやねん!なんやねん! ほな、アベックのことを今は何て言うねん!


              はぁ?カップル!ってか?


     アベック死語になっていることに、かなりの衝撃を受ける支部長


なぜならその昔、読売巨人軍王・長嶋連続本塁打を打った際、実況のアナウンサーが、


        出ましたぁ! O・Nコンビのアベックホームラン!


   などと、ごく当たり前のように言っていたのに、それが死語だなんて・・・・


一体いつ、何処で、誰が、この「アベック」を死語にしてしまっのか? アベックというのはれっきとしたフラス語で、「男女の2人連れ」「2人、または2つのものが行動をともにすること」という意味なのである。


なのに、だのに、なぜ支部長が笑われなければならないのだ!んじゃ、今は昔で言うところの「アベックホームラン」のことを何ていうの?カップルホームランなんて聞いたことがないぞ!


         仮にカップルホームラン何て言葉があっても、


           なんか焼きそば商品名みたいやん!


         ぜったい!今でもアベックって言うってぇ!



  アベック!あべっく!阿部くん
                           (・・それだれやねん!・・)



  いやいやいや、気がついたら思いっきり「ホタルの話し」から脱線してるし・・・・


      そや!あの係員のおっちゃん文句を言いに行かなあかん!


    急いでガセネタをつかまされた、あの初老の係員のもとへ向かう支部長


           なんやぁ!まだ説明してるがな、あのオッチャン



            ねぇ!おっちゃん!おっちゃんてぇ! 

         おっちゃんのいうたとこに蛍いてへんかったよ!

 なぁ!聞こえてんの?!なんやぁ、都合が悪くなったら、ものがものだけに!



                    かいなぁ!



気象庁梅雨入りを宣言したその翌日、日本庭園内で思わぬ出来事に時間をロスしてしまい、係員への抗議の声も虚しく、閉演時間5分前




        改めてホタル光に憤る支部長なのであった・・・・



           



       (ノ-_-)ノ ~┻━┻




2008年06月02日
                 「蛍の夕べ・・・・の巻き


♪〜ほっ、ほ、蛍ぅ〜来い〜♪ っという訳で、本日は家族4人万博公園内にある日本庭園で行われている「蛍の夕べ」のイベントへ出掛ける支部長ファミリー


お恥ずかしい話し、実は支部長、生まれてこの方「蛍」を見たことがないのだ。そのことをに話すと、「蛍」を見たことがないという、まっ、マジでかぁ〜 ということは、これから出掛ける家族全員が初めての蛍観賞となる。


一体どんな風に蛍が光を放つのか、期待に胸を弾ませ、いざ、万博公園へ・・・・ 日本庭園の駐車場に車を止めると、わぁ〜お!と思わず驚きの言葉を発する部長、こんな風になってたんや!


こんな風というのは「蛍」のことではなく、今目の前にそびえ立っているあの「太陽の塔」の裏側のことなのである。いつも正面からしか、この岡本太郎作の「太陽の塔」を見たことがなく、背中側を見るのは初めてであり「蛍」と合わせて、Wで初めての体験に、しばしの感慨にふける支部長


        で、初めて太陽の塔の裏側を見た感想はといいますと、


                まっ、こんなもんしょっ
                   (・・なんじゃそら・・) 


束の間の休息の後、ワンサカいるという「日本庭園」内へ入っていく支部長ファミリー。


1歩中へ入ると、日本庭園全体ミニチュア模型が置かれており、その向こうで係員と見られる初老の男性が、手に伸縮自在の差し棒を持ち、何やらギャラリーたちに説明していたのである。


人垣をすり抜け、そのおじさん係員に、蛍が1番よく見えるスポットを尋ねて見ると、


           えっ!聞きたい?やっぱり聞きたい!? 

        そら1番ホタルがよう見えるんわ、ここやがなぁ〜


係員がミニチュア模型へ指す棒の先を、食い入るように見つめる支部長ファミリー&一般ギャラリー。「ほほぅ〜 滝の前にいったらたくさん見れるんやな、ありがとうおじさん」そう言い残し、一路、係員のおじさんが教えてくれたスポットへ向かう、部長ファミリー&一般ギャラリーであった。


がしかし、いざ、目的の地点に着いたは良いが、ホタルが出てくるという約束の時になっても、何の変化もおとずれない。5分たっても10分たってもホタルが現れないではないかぁ! パパぁ〜まだぁ〜? うちの「プリンセスみお」も、痺れを切らした様子で、何度も私に尋ねてくる。


っとそのとき、支部長ファミリーがいる30メートルほど先で、ギャラリーたちのどよめく声が聞こえた。なななっ、なんなん? 慌ててどよめく声がした方へ駆け寄ってみると・・・・



    びぇえ〜〜〜



              そこで支部長が見たものとは?・・・・



                  衝撃の結末へと・・・・ 


                    つづく・・・・




         ( ^^) _旦~~




2008年05月26日
                「だから歯は大事・・・・の巻き


つい先日、居酒屋赤ワインの入ったグラスで「がんばれやぁ〜」ヒゲ男爵のマネをして何度も乾杯してたら4・5回目でグラスが割れてしまい、店員さんから


   メチャメチャ怒られてしまった


支部長です。こんにちは! いやいやいや皆さん、新緑まぶしい季節となりましたねぇ〜 眩しいといえば「輝き」、輝きと言えば「歯」。という訳で本日はの話題でございます。


唐突ですが、みなさんは歯磨き何分時間を掛けておられますか?まさか2分とか、3分とか言わないで下さいよ、支部長としては最低でも5分歯を磨いて頂きたいのです。


   どうして私が「歯の話し」に、これだけのを入れるのかといいますと・・・・ 


                それは今から16年前・・・


今現在、私の奥さんになっているとの出会いまで遡(さかのぼ)らなければなりません。お恥ずかしい話し、私はに出会うまで、歯の裏側を磨いたことがありませんでした。というか何というか、なんて見えるとこだけ磨いてたらえぇやん!それくらいにか思ってなかったのです。


ところがどうでしょう、常日頃からの不摂生が祟ったのか?歯の裏側歯石というものが溜まり、その歯石歯の骨を徐々に溶かして始めていたのでした。


 おかげで歯並びガタガタになり、気がつけばの何本かはグラグラと揺れだし、


   「ぐ」の音も出ないほどに気分が落ち込んだ支部長なのでありました。



        ん〜・・・・これぞまさしく、っとしてぐ〜・・・8点


さあさぁ、それからが大変です。歯科衛生士として働いていたの務める歯医者さんまで行き、治療を始めることにした支部長スケーリングと言って歯と歯茎の間を突っ込み、


        ガリガリガリ


っと、歯石を除去していくのであります。これが痛いの何のって・・・ 支部長の場合、かなり深いところまで歯石が付着していた為、麻酔を打ってこの治療に臨むのですが、麻酔が切れかけた頃がもう大変!


まるで拷問のような痛みが顔中に走り、歯医者の帰りの車中、あまりの痛さに運転が出来なくなり、路肩に車を止めて「フガァフガァ!」と痛みに耐えたことだってありました。


その後の「歯周病治療」「歯の矯正」を経て、今の私がいるのですが、もしあのときに出会っていなかったら・・・・ 今現在の支部長は、


      猛烈に「口の臭いオッサン」になっていたのは確実でございます。


    それだけに、には本当に感謝していて、この件に関してだけはに、


    歯が立たないのであります
               (・・・まだオチと違いますよ・・・)


幸い、最愛の娘である、うちの「プリンセスみお」からも「パパお口くさい!」とは言われたことが無く、それは支部長にとって誇るべきことであり、今後も維持していかなければならない重要課題の1つなのです。


ちなみに支部長歯磨きは、三つの異なる形をした歯ブラシを駆使し、寝る前は10分〜15分ほど歯を磨いております。ヘロヘロに酔っ払って家に帰り、お風呂には入らなくても、必ず歯を磨いて寝る支部長。それはもう、寝る前の条件反射となっているのだ。


という訳でこの「独り言」をご覧の皆様、ぜひ是非今晩からは「歯磨きに力」を入れて頂きたいのです。最低でも5分以上は念入りに歯を磨いていきましょう!とある情報によると今現在、日本の35歳〜45歳80%の人は「歯周炎」「歯周病」と言われています。


と言う事は、35歳〜45歳10人に8人オッチャンオバチャンは、メチャメチャ口が臭いことになります・・・(笑) 今一度、みなさま方におかれましては口臭衛に努めて頂き、清々しい気持ちでと一緒に、


      空手・仕事・勉強・家事の腕も磨こうではありませんかぁ!
             (・・・まだまだオチと違いますよ!・・・)


  みなさん、たいへんに素晴らしいルックスをお持ちなのに、実は歯周病

       なんてことになると本当に勿体無い限りですよ!


                      っと、



  歯の浮くセリフでヨイショすることも忘れない支部長であった・・・
              (・・・んで結局これがオチです!・・・)





         φ( ゜゜)ノ ゜





2008年05月12日
                  「ああ無情・・・の巻き


本日はシェラトン都ホテルにて、宗家先生をお迎えしての重要な会議の日。今年の夏、大阪で行われる「第40回・全国空手道選手権大会」を成功に導くために、あれやこれやと話し合いが持たれたのであった。支部長に課せられた任務は大会前日に行われる「祝賀会の責任者」。さてさて、何をしたものか・・・?


とまぁ、それはさておき、今日みなさんにお話するのはその後に行われた「食事会」での出来事なのである。中華料理店の円卓を囲んで錚錚(そうそう)たる先生と食事をしていたそのとき、私の右隣にいた先生が支部長に向かって・・・・


     んでぇ、アンタの名前やけどつくしでよかったんかいなぁ?



    びぇぇえ〜〜


       思いも寄らない、その先生の言葉に、大驚愕する支部長


支部長が驚くのも無理はない、なぜならこの先生とは十年来のお付き合いで、大会会場ではもとより関西連合大会の祝賀会や全国大会祝賀会で何度もお話しさせて頂いた事があるのに・・・


いや、チョッと待てよ・・・・っと、 ふとある事に気がつく支部長。この十数年の間、私はこの先生から名前で呼んでもらった記憶がないのだ!


いつも、「あっ、チョッとキミ!」とか「自分なかなか元気があるなぁ!」などなど、ハッキリと名前で呼んで頂いた事がない。なぜだ!毎年「年賀状」のやりとりもしているのになぜ・・・


        築地(つきじ)


 と呼んで頂けないのでしょうか?ねぇ先生! だいたい「つくし」って、漢字で書くと


           土筆


なんですよ!おそらく先生は「築地・ちくち」だと思っているのに、周りが私のことを「つ*☆」って、呼んでいるような気がして、筑紫菊池コンガラガッテ、おまけに土手に咲いてる植物までが出てきて、もう「土筆・つくし」でええんとちゃうか!となられたのですね・・・・


今ココで先生にお伝えしなければ、私はこの先ずっと「つくし」と言われてしまうと思い、意を決してチョッとだけキツめに私の名前をこの先生に覚えてもらうことにした。


            先生ぃ!東京であんなに有名な

         魚河岸の築地市場があるではないですかぁ!

          私はまったくあそこと同じ名前なんですよ!

     今度から私を見たらあの魚河岸を思い出して下さいね!


       ホーホー あそこと一緒な、ンーンー分った判った!

         (・・・ホンマに分ってくれはったんやろか???・・・)


       それから小一時間ほど過ぎた頃、宴会もお開きになり、

           その先生ともお別れの挨拶をする支部長


          先生!本日はお疲れ様でございましたぁ!


   酔いも回り、ほろ酔い気分になっている先生、その先生の最後の一言が、


             ほなまたなぁ〜チュクンジくん!
              (・・・誰がチュクンジやねん!・・・)


     チュクンジって、ジュマンジみたいに言わんといてくださいよぉ・・・・


          夜も更け、人通りの少なくなった地下街の帰り道、


        あぁ無情!そう独り言のようにつぶやく支部長であった・・・・





          (-_-;)




2008年05月07日
                 「教え子の成長・・・・の巻き


GW到来!という訳で、支部長四連休はといいますと、初日の3日(土)大池の稽古がお休みということもあり、愛車のビラーゴにまたがり兵庫県三田市ツーリングへと向かったのでありました。


なぜ三田市なのかと言いますと、支部長がまだ指導員だった頃の教え子が結婚して三田に家を購入したというので、


        お祝いがてらにその教え子の家に行ってみると・・・・・



    びえぇ〜〜〜


でっ、でかい!家に入るといきなり吹き抜けの玄関、リビングには真新しいソファプラズマTV、でもって庭には格調のあるウッドデッキが・・・


聞くところによると、なんでもこの辺りでは50坪以上の土地がないと、家を建てる許可が下りないのだとか・・・ で、この家の面積を尋ねると52坪とのこと。

          (・・・オレの家の倍以上あるやないかぁ・・・)
           (・・・お前、宝くじでも当たったんかぁ?・・・)


支部長がそう思うのも無理はない、なぜならこの元教え子はまだ24歳4人弟妹長男で、中学時代には新聞配達をしながら空手を続け、高校に入るとアルバイをしながら自分で学費を払って卒業したという、なかなか見上げた根性の持ち主なのである。


残念ながら、空手の方は一級を取得した後、バイトと勉強が忙しくなり次第にフェードアウトして行ったのだが、組手では綺麗な後ろ回し蹴りを放つ「逸材」であった。


4人弟妹の全員が空手を習っていることもあり、十数年たった今でも、支部長と彼らのご両親とは文字通り、家族ぐるみの付き合いが続いている。ちなみにこの教え子は、今現在、築地道場「屈指の黒帯」である。


それにしても・・・・ あのとき小学5年生だったお前が結婚して子どもも出来て、阪近郊52坪の家を建てたなんて・・・ 


    お前なぁ、あんときご馳走したラーメンとマクドとミスドとロイホ

              全部まとめて返してくれよ!
                  (・・・セコぉ〜・・・)


とまぁ、冗談はさておき、一時期共に汗を流して空手の修行に励んだ教え子が、ココまで立派に成長しtくれれば、指導者として、もうこれ以上の喜びはないのである。


大手自動車メーカー就職した後、妻子を持ち、夏には二人目の子どもが出来るという元教え子。よくここまで頑張って来たよな!


これからサクセスロードをまっしぐらに突き進んで、いずれは空手に戻り念願の「黒帯」を締め、またあの華麗「後ろ回し蹴り」を後輩たちに見せて下さい。


            そして今回、立派な家を建てたように、

         ここまでこれたのは築地先生のおかげです!

                      って、


        事あるごとに支部長のことも立派に立て続けてね
                (・・・やっぱりセコぉ〜・・・)



         (*`▽´*)



2008年04月26日
                「さらば熱帯魚・・・・の巻き


   ついにこの日が来てしまったか・・・ 以前からに言われ続けて来た


     魚の面倒を見れないんやったら誰かにあげたらどうなん?


確かにココ数年は熱帯魚に餌を与えるのも任せにし、水槽の水替えもそっちのけ、水が濁りににごってから仕方なしに掃除をするパターンをくりかえしていたのであった。


趣味熱帯魚観賞とは名ばかりで、忙しさにかまけて魚の面倒を見るのを怠ったこの数年間、申し訳ないという気持ちから、


         熱帯魚たちの観賞ではなく感傷的になる支部長
       (・・・いやいや、うまいこと言うテル場合やないでしょ・・・)


今回ばかりはの言ってることが正解だと悟り、潔く嫁の助言に従うことにした。 
とにかくココ2年ほど前から私はメッチャメチャ忙しくなってしまった・・・ 


平成18年度のPTA会長にはじまり、平成19年度には新道場である箕輪支部を開設、そして今年に入った平成20年度は青少年健全育成会の会長を務めることになり、もう毎日毎日時間との戦いで息つく暇もないほどに忙しくなってしまったのだ。


熱帯魚側からすれば、何を勝手なことをゆうてるねんこのオッサン!となるかも知れないが、残念ながら、もう私に魚たちの世話をする余力は残っていないのである。


支部長熱帯魚飼育の歴史は結構古く、今から21年前、必然的に独り暮らしを余儀なくされ、その淋しさからグッピーを飼いだした事に端を発する。 色とりどりに飾られた彼らの尾びれや背びれ、その鮮やかな色彩で優雅に泳ぐ熱帯魚の姿は、時に支部長の心を充分に癒してくれた。


だが・・・ 人間というのは誠に勝手なもので、伴侶を見つけ子孫が出来ると、それまでの淋しさはどこかに消え去り、今まで心を癒してくれたたちに対する愛情も次第に希薄になっていく・・・


自分の師匠であった熱帯魚屋のオヤジも去り、ひと回り大きくなった水槽をももてあますようになり、稚魚スカンクシュリンプが何匹いるのか?も解らなくなっては、魚たち保護者失格なのである。


意を決し、この魚たちの引き取り手を探すと、意外や意外、すぐにでも欲しいという人物が現れた。ありがたや!ありがたやぁ! どうか私の分までこのエビたちに愛情を注いで育てて下さいね。


        ごめんね!たちくん、今まで本当にありがとう!

 そしてココ数年は満足に面倒を見て上げれなくて申し訳ありませんでした。

   たとえ会えなくなったとしても、キミたちの成長を心より祈っています。

     そしてこれから何年かして、もしまた熱帯魚を飼う事になり、

            水槽の水を替え忘れたとしても、


      やる気あんのかこのオッサン!


                      なんて、



    水臭いこと言わないでねぇ!


                      って、


          ホントに反省してんのかぁ!




    (^_^;)\('_' )



2008年04月22日
               「メガネ・めがね・眼鏡・・・・の巻き


ついに来てしまった・・・ いやいや、毎年「健康診断」で引っかかっていた「要視力矯正」だったのだが最近、夕方近くになると人の顔がぼやけて見えるようになり、空手の時も後方にいる生徒の顔が判別できなくなってしまった。


目を細めてみたり大きく開いて見たりしながら、今までごまかしゴマカシやってきたのだが、それも疲れてくるので、


        いっその事、メガネを購入することに決めたのであった。


という訳で、さっそく眼鏡を買いに行ったのだが、いやはやフレームの種類の多い事多いこと。あれやこれやと悩んでいるところに店員さんから、


      よろしければ、お客様に合ったレンズお作りしますが・・・


          あっ、そうか!フレームばかりに気をとられ、


         肝心の眼鏡の度数のことを忘れていた支部長


   ん〜・・・・これぞまさしく、レンズのこと忘れてました度数・・・3点


       さっそく、まん丸とした測定用の眼鏡を掛けて見る。っと、


        わぁ〜お!


メチャメチャよく見えるではないかぁ! まるで望遠鏡みたい!それがそのときの率直な感想であった。思い起こせば小学生の頃、眼鏡を掛けたクラスメートの子を、よくからかってたりしていたのだが、そのばちが今頃当たったのかなぁ・・・


    いや、からかっていたのはホントは好きだったからなのかなぁ・・・


っとまぁ、そんな何十年も前の話は置いといて、今回の眼鏡作りで、目の悪い人の気持ちが初めて判ったような気がする。ただ、ひとつ解せないのは、なぜこんな年のオッサンになってから視力が極端に落ちてしまったのだろうか???


これまで私の取り柄と言ったら、ハイテンション視力が良い事だったのに、今となっては「ハイテンション」だけが残ってしまったではないか・・・ トホホホ・・・・


それにしても・・・ 視力低下の原因パソコンなのか?はたまたバイクを運転しているときに支部長の左目に飛び込んできた、あの大きなカナブンが原因なのか?


とにかく、今現在の支部長の視力は「近視」「乱視」と、ちょこっと「老眼」まで入って大変なことになっているのだ。特に夕方から夜に掛けてがメッサ見えにくい。


ひとつの眼鏡では不安なので、また新たにお洒落なデザイン眼鏡を購入し、そのまま家に帰ると・・・・


   いやっ、パパっ!そのメガネかっこえぇやんか!似合う!似合う!


          の意外な褒め言葉に面を喰らう支部長・・・・


              そう?やっぱり似合う?

      わざわざミナミまで買いに行った甲斐があったわ・・・

          デェヤハハハハ・・・ ダハハハハ・・・


    ダハハハハ・・・



        周りの景色や人の顔などがぼやけて見える夕暮れ時、


        やっとお眼鏡にかなったことを、ことのほか喜び、


    いつものハイテンションのまま、グラスを傾ける支部長であった・・・
           (・・・グラスGlassesを掛けてますよ!・・・)



           (・・・最近オチが全然ヒネれてないよなぁ・・・)




          (@_@;)




2008年04月13日
                  「長所と短所・・・の巻き


私はよく人から「熱き男」とか「情熱的」などと言って頂けるのですが、それは長所のようで実は短所でもあるのです。ココ最近では「キレる」という表現を使っているようですが、支部長が若い頃は癇癪(かんしゃく)という言葉が1番ポピュラーでしたねぇ・・・


「瞬間湯沸かし器」とはまでは行きませんが、「ぬぬぬぬぬぅ!」と思ってしまうと、沸々と体の芯から、何かこう言い様のない熱いものがこみ上げて来て、


          ダァ〜!


っとなってしまうのです。その支部長「癇癪」被害者ですが、家族(娘は省く)は言うに及ばず、一部の公共施設における受付のぞんざいな態度や会社の取引先関係、果ては理不尽交通マナーを持ったドライバーにまで向けられるのであります。


必要以上に後方から接近して来る車や、無理な追い越し割り込みなどをしてくるドライバーには、


 ちょっと!どこを見て運転していらっしゃるんですか!

       気をつけて下さいよホントに!


            言い返してくださるドライバーの方には、


 誰に向かっておしりを噛んで下さっているんですか?

  少しだけ車から降りて来ていただけませんか?


大阪弁意見したことだってある。短気損気とはよく言ったもので、この癇癪で私は今までどれだけをし失敗してきたことか・・・・ で、癇癪を起こし、数分した後にはもう恥ずかしくて恥ずかしくて・・・ 


          穴があったら入りたい気分になるのであります。


      嗚呼・・・ なぜ温厚な性格に生まれてこなかったのだろうか?


肉体だけではなく「精神を鍛える」のも空手の修行支部長はまだまだ修行が足りないようです。ごめんね!


  よ、息子よ、公共施設受付の人チョッとやんちゃドライバーの方々よ。


            これからは皆さんに優しく接していきます。


つい熱くなり、いつものように癇癪を起こしたその夜に、もう二度と短気は起こすまいと深く、あこれまた深く、反省しながらリビングにある冷蔵庫を開け、


              思わず叫ぶ支部長であった・・・・



         誰やぁ〜 

パパのマンゴープリン食べたんわぁ〜!

    絶対に許さへんからなぁ〜



            (`曲´


2008年04月07日
                「愛しのオムライス・・・・の巻き


     つい先日、行きつけのスーパー銭湯ヘッドマッサージを受けた際、

                   マッサージ師から


     今日は顔がかなりこってますねぇ〜


と言われ、かっ、顔がですか?と思わず聞きなおしてしまった支部長です。こんにちは!いやいやですねぇ〜みなさん。 もう「お花見」には行かれましたか? 


    さて、今日は皆さんにぜひ是非聞いて頂きたいことがありましてね。


その聞いて頂きたいことと言うのが、ズバリ!「オムライス」のことなのであります。
実は支部長、ココ5年近く「オムライス」を食べていないのであります。事あるごとにに、「オムライス」が食べたいと懇願してもすべて却下・・・・


その理由は、子どもたちが「オムライス」を食べないからだという・・・ いやいやいやいやいや・・・ 子どもたちではなく、一家の主がオムライスを食べたいと言っているのだから、作ってくれてもいいんとちゃうの?という支部長の願いも虚しく、いつも食事のメニューは子ども中心・・・


あのね、ちょっと聞いてくれますみなさん!昔はね、お父さんを中心に食事のメニューが決まっていたんですよ、でねぇ、お父さんが帰って来るまで、家族は食事を取らずに待っている。なんて家庭はいくらでもあったんですよ、これマジで・・・・


ところがどうでしょう!最近は子どもを中心に食事の献立が決められ、旦那様の好物は二の次どころか、まったく無視されるようになってしまった・・・ 


            嫁よ新婚当時にキミが言っていた、


 しんちゃんは今日は何が食べたい〜


あの時の気持ちと言葉は一体どこへ行ってしまったのだ!そういえば最近、私の前でよく「タメ息」をつくようにもなったねママ?それに今年に入ってからというもの・・・・


         とにかくねぇ、私は「オムライス」が食べたいんだよ、


        オムライス


いや、チョッと待てよ、よくよく考えるとなぜ子どもたちは「オムライス」を食べないのだ?というか何というか?そういえば息子「ケチャップ」を掛けて何かを食べているところを見たことがないなぁ・・・・


      解せん、いや解せなすぎる!


あのトマトベースケチャップがキライな人間がいるなんて・・・ そういや、お前ら何にでもマヨネーズかけてる※マヨラーやもんな!


  ※マヨラー =川崎麻世のファン ではなく、マヨネーズをこよなく愛し、
           また食する人の総称


        嗚呼!食べたい、オムライスが食べたいよぉ〜


   春の陽気とはいえ、朝晩はメッキリと冷え込む支部長宅のリビングで、


         何とか自分でオムライスを作ろうとする健気な、


            あホントに健気な支部長であった・・・・


         チキンライスにまでは行くねんけどなぁ・・・ 


     だれかぁ〜 誰か支部長にオムライスを作ってけろ・・・



          (ToT)



2008年03月29日
               「嗚呼!電波時計・・・・の巻き


あぁ・・・ 悲しい、メッサかなしい・・・ いやいや、支部長が超お気に入りだった、掛け時計修理不能状態に陥り、お役ごめんになってしまったのだ。


で、さっそく大阪梅田に新しい「掛け時計」を買いにいくことにした支部長量販店に立ち寄り、所狭しと並べられたいろんな「掛け時計」を物色していると、見慣れぬ表示に眼を奪われる支部長


            電波時計


電波時計とは読んで字のごとく、標準電波を受信して誤差自動修正する時計なのだとか・・・・ 非常に興味を持ったので、この電波時計といわれる「掛け時計」を購入することにした。


さっそく自分の部屋にある「ハセキョー」の大型ポスターの隣にその「電波掛け時計」を設置し、いつもと変わらない生活に戻る支部長。時計の針は午前1時50、長いようであっという間だった一日も終わり、さぁ、眠りにつこうとベットに入ろうとしたそのとき、


    びえぇ〜〜〜


なななっ、なんと! 勝手に時計の針がぐるぐると廻りだしたではないかぁ! っ、なんじゃこりや〜! これはポルターガイスト現象なのか?はたまたユリゲラ極秘来日でもしているのだろうか? 


            カタカタカタカタカタ・・・タナカ・・・・
             (・・・いやタナカはゆうてへんやろ・・・)


をたてながら、ぐるぐると高速で時を刻むこの電波時計の前で、しばし呆然とする支部長。これはどういうことなんやろ??? っという支部長の疑問は、その数分後に解決された。


説明書によくよく目を通すと、「自動で電波を受信し時刻を合わせます」とある。 なるほど・・・ 時計も日々、進歩してるんやなぁ・・・・ 


がしかし、この電波時計の突然の時間合わせ。慣れるまでは、ちと大変である。なんせ、夜中の2時を回った頃に突然、


             カタカタカタカタカタ・・・タナカ・・・・
         (・・・だからタナカとはゆうてへんやろって!・・・)


丑三つ時に、くるくると回る時計の針は、ある種、何かの暗示にも感じ取れて、少々寝つきが悪くなってしまうのである。


    まぁまっ、1分1秒くるわず正確に時間を知らせてくれるのなら、この


            カタカタカタカタカタ・・・タカナ・・・・
            (・・・なんで漬け物に変わるねん!・・・)


にも次第に慣れるような気がしてきた。お気に入りの時計が潰れ、この新しい電波時計バトンタッチしてから早数日、


   今宵も心地よい「電波時計」の音に耳を澄ます支部長であった・・・



      カタカタカタカタカタ・・・タナカ?ナカタ?タカナ?・・・・
              (・・・いや、どないやねん!・・・)



         σ(^_^;)?




2008年03月23日
                 「生き証人・・・・の巻き

やっと、お話しできた!いやいや、私のをよく知っているという人が現れたのだ。その人物は現在「鹿児島県空手道連盟」副会長をされている有名な先生


うちの本部長が鹿児島総本山に行った折、その有名な先生がたまたま総本山に来られていて「築地」という名前に反応して下さり、


昔は私のとよく一緒に稽古をしていたのだというその先生の話しを、うちの本部から聞くことが出来たのであった。


  さっそくその先生電話番号をお聞きし、電話を入れさせて頂くことにした。


親父現役時代はどんな選手だったのか?どんな「技」が得意だったのか?強かったのか?そんなに強くなかったのか?私が子どもの頃からずっと抱いていた朴な疑問を、


 のことをよく知っているという、その有名な先生にぶつけてみたくなったのだ。


     緊張の面持ちで、父の拳友だった先生に電話を掛けてみる・・・ 


「慇懃無礼」(いんぎんぶれい)にならないように言葉を選びながら事情を説明し、親父の若かりし頃の話を聞くことができた。


親父鹿児島市内にある山形屋の時計店で働きながら空手の稽古をしていたのもよくご存知で、山形屋空手部のメンバーの名前も、一人ひとり教えて頂くことができたのであった。


そして私が大変驚いたのは、空手の大会の度に、この先生は私の「決勝戦」で戦ったというのだ。


 あなたのお父さんとは同じ軽量級同士で何度も戦ったよ!組手も強かった

             特に後ろ回し蹴りが早かったね。


以前、母親叔父から聞いた話は本当だったのだ。生前、親父は決して自分の自慢話し武勇伝などを話さない人間だった。だから母や叔父から「お父さんは強かった」などと言われても、それは身内の贔屓目で言っているのではないか?と話半分に思っていた部分も多々ある。


        それだけに今回のお話は、とてもありがたくまた嬉しく思い


               先生とのお話しにも花が咲く


  築地という名前を聞くとね、あなたのお父さんの顔が浮かんでくるんだ。

            今でも顔をハッキリ覚えているよ! 


あれから40年以上経過しているというのに親父のことをハッキリ覚えていて下さっているという先生のことばに胸が熱くなった・・・・


     私がなぜあなたのお父さんをずっと覚えているか分るかね? 

     それはあなたのお父さんが人間的に良い人だったからだよ。


そう言われた瞬間、頭のてっぺんからつま先まで電気が走るような衝撃に見舞われた。と同時に、40年以上も経過した後に、果たして自分のことを覚えていてくれる人が、この先何人いるのだろうか?とさえ思った。


気がつけば、電話をお掛けしてから30分以上も経っていたのだが、自分の感覚ではまだ5分程しか話していないように感じる。


お互いが一緒に稽古して、汗を流したあの頃の写真を是非見てみたいと仰って頂いた先生の言葉が胸に染み、その頃の写真すべてを近所にあるカメラ屋さんで「焼きまわし」してもらうことにした。


今年の7月26日大阪で行われる第40回全国空手道選手権大会の為に来阪されるという先生。その当時の写真をお渡しして、もっともっと親父のことを聞かせていただきたいと思う。


ココで自分の生い立ちの苦労話しをする気はないのだが、築地家の歴史は自他共に認めるほどの「苦労の連続」だった。


    いや、メチャメチャな家庭だったと言っても過言ではないだろう・・・(笑)


  それだけに、志半ばで倒れた親父に関しては、私自身「強い想い」がある。


                  先生が仰っていた、


             今、錬心舘に残っている人で、

   あなたのお父さんのことを知っているのは私ぐらいではないか・・・


   貴重な「生き証人」のお言葉に、7月26日が待ち遠しくてしかたがない。


       私の顔を見て親父と似ているといってくださるだろうか? 


    この昭和30年代中ごろ写真を見て何と言ってくださるのだろうか?



  さまざまな思いが頭をよぎるが、今はただ、近づく夏を待つことにしよう。


               (^.^)



2008年03月17日
                  「洞察力・・・・の巻き

           拳士お父さんの中にもの凄い人物がいる。


某有名バス会社で運転手をしているこのお父さん。何がもの凄いかと言えば「目」がメチャメチャ良いのである。いや、目というより洞察力というべきなのだろうか?


かなり離れた距離からでも、支部長と支部長の車を認識し、バスのライトをパッシングして挨拶してくれるお父さん。いやそれだけではない、支部長が川沿いの暗い夜道ジョギングしていたときだって、そのお父さんは車に乗っていたにも拘わらず、


      師範!師範っ! こんばんわ!


と声を掛けてくれるのだ。すっ、すごい!公私共、常に周囲に気を配り、尚且つ相手が何者かを瞬時に把握するこのお父さんの姿に、ただただ敬服する支部長なのであった。


     子煩悩で誰にでも優しいお父さん、このお父さんに接する度に、


やっぱり血液型で人の性格を判断してはいけないのだと、つくづく思うようになった。いや、何かの間違いかも知れないので、このお父さんがもう一度「?型」なのか検査に行ってもらえないかとさえ思う。


それくらい私が思っている「□型」の人とは大きく性格が異なるこのお父さん。まっ、それはさておき、


洞察力のある人間は「組手」も強い、物事を瞬時に判断して行動することは、生きていく上においても、非常に大切なのである。


空手の師範たるもの、常に周囲に気を配り、弟子達の微妙な心の動きまでも、見抜けるようにならなければ行けないのではないか?と強く思う。


     そのためには、冒頭のお父さんのように、まずを鍛えなければ・・・・


       めっきり春めいてきた日だまりの中、動体視力を鍛える為、


      走り去る阪急電車の乗客の顔を、一人ひとり確認しようとする


           「ガンバレ元気!」のような支部長であった・・・



   よっ、支部長!調子は動体


           (p^-^)p



2008年03月11日
                「暗黙のルール・・・・の巻き


本日はマッサージに出掛ける日。月に数回、心身ともにリフレッシュするため、ーパー銭湯にまで行き、サウナでゆっくり汗を流したあと、「リフレッシュ45分コース」の全身マッサージを受ける支部長


このスーパー銭湯に通い始めてはや3年、ここには支部長専属マッサージ師までいるのだ。まっ、専属ゆうてもコッチが勝手に指名してるだけやねんけどね・・・・


午後10時に入浴し、サウナ電気風呂withワイン風呂を堪能した後、午後11時からは、いよいよマッサージの時間なのである。


            (・・・くれぐれも普通のマッサージよ!・・・)


いつものように仰向けに寝かされ、足先からマッサージを受ける支部長、っとそのとき、支部長の隣のベットで、信じられないことが起きたのだ。


となりでマッサージをしているマッサージ師「はい!軽〜くストレッチしますねぇ」と、その客に告げた5秒後に、


       ぷ、ぷぅ〜〜〜う


     なっ、なんとぉ!支部長のとなりの客が「屁」をかましたのである。


       (・・・うっ、うそやろ? このオッサン何考えてんねん!・・・)


いや、まだオッサンオバハンかは定かではないが、たった今、隣で寝ている人物が「放屁」したのは紛れも無い事実。にも拘わらず、何事もなかったように時間だけが流れていく・・・・


    (・・・おいおい、そんなんありかよ!ココは屁ぇかまし放題なんか?・・・)


となりの客の放屁に憤る支部長。いくら生理現象とはいえ、こっちがリフレッシュしているときに、


       ぷ、ぷぅ〜〜〜う


はないやろ?幸い、臭いはコチラには来なかったものの、このとなりの人物の礼無礼に、かなりのグレイな気分になる支部長


           (・・・こんなとこで韻を踏んでる場合かぁ・・・)


ココでマッサージをしてもらうようになって丸三年、確かに私もストレッチされるときに「ガス」が出そうになったことは何度かある。がしかし、そのまま出してしまってどうする?


何とかガスが出ないように「括約筋」をフル稼働させなければいけないのに・・・ この隣の人物ときたら・・・ アンタの屁ぇ活躍してどないすんねん!


世の中には「暗黙のルール」というものが有るはず、その「暗黙のルール」無視した隣にいる客の行動は許しがたいものなのである。


で、マッサージ師マッサージ師だ。「チョッとお客さん!何してくれてはりますのん!」くらい言えばいいのに・・・・ 1番近い距離で放屁されたいうのに、このマッサージ師は黙々と仕事をこなしているのだ。


       放屁したほうも、したほうで「ごめんなさい」の一言もなし・・・


       解せん!いや解せなすぎる!


 一体いつから公共の場での「放屁」市民権を得るようになったのか???


        んむぅ〜〜何だかなぁ・・・・


           心身ともにリフレッシュしたつもりの夜更け前、


         隣にいる客が二度と自分のそばに来ない事を深く、


           あこれまた深く祈り続ける支部長であった・・・



                 ハイハイあんたなんか、



                 さよおなら




          (◎_◎)




2008年03月04日
              「嗚呼!おしいカン違い・・・・・の巻き


       これはつい最近、稽古中に起こった出来事なのである。

        拳士お母様が、何やら子ども達に話しかけている。


 ホラ!しっかり師範に見本を見せてもらいなさい


          えっ!?


       見本てぇ・・・・ それも言うなら「手本」ではないのか? 


                 それを見本だなんてぇ・・・


                (・・・オレはサンプルかぁ!・・・)


っと、思ってはみたものの、人それぞれに多少のカン違いを持ち合わせているのも事実。以前、飲みに行った先のお姉さん「連鎖反応」(れんさはんのう)のことを、


        レンス反応!レンス反応!


連呼するので、こちらも間違いを指摘するのは止めて、相手の意のままに「レンス反応」に従ったことがあった。 だが、そんなことで驚いてはいけない!


私の旧友のお父さんは、「カタカナの名称」が特に苦手で、私たちが組んでいた「♪バンド」のことを「楽団」と呼んでいただけではなく、「マクドナルド」の事を


        まぐろなると


   と真顔で言っていたのであった・・・・ 1番最初にその旧友のお父さんから、


   おっちゃんが、まぐろなるとおごったろかぁ!


と言われたときは、すし屋にでも連れて行ってくれるのかと真剣に思ったものである。っと、前フリはこれぐらいにして、今回みなさんに是非見て頂きたいのは、つい先日、地元の中学校から届いたこの卒業式への招待ハガキなのである。



                                 



今までこの「独り言」で何度もナンドもなんども繰り返し言ってきているのですが、ココで改めて私の名前をご紹介しますに、支部長の名前は


         築地(つきじ)


     なのであります!にも拘わらずこのハガキに書かれている名前は、


          筑紫


よくコレで届いたなと思うのと同時に、ホンマにえぇ加減にしとけよ!怒りにワナワナと肩を震わせる支部長なのでありました。


                   100歩譲って


         築と筑


                 は似ているとしても


         地と紫


                 は全然違うでしょ!


      筑紫って、オレは哲也かぁ!


       これはゼッタイに学校側に抗議しておかなければ・・・・


                 失礼にもほどがある!



        日に日に暖かさを感じるようになった午後の昼下がり、


   このハガキの送り主である地元の中学校へ、大きく書いた自分の名前の


       「見本」を送ることにした支部長であった・・・・




           φ(..;)



2008年02月18日
                 「これが何で・・・・の巻き


               解せん! いや解せなすぎる!


いやいや、これから支部長が食べようとしているものなのである。その名はズバリ!


         皿うどん


この食べ物がどうして「うどん」なのだ? うどんからは程遠いと思われるこの、でもって頭に「皿」という言葉がつくのはコレなぜに???


普通は「肉うどん」「きつねうどん」「てんぷらうどん」「カレーうどん」・・・ だいたい皿でうどんは食えんじゃろ? なのに、だのに、今支部長の目の前に置かれているものは、


         皿うどん


このベビースターラーメン八宝菜を掛けたようなものがなぜ「うどん」なのだ!かなりの無理があるこの皿うどん。 「皿焼きそば」と言われたほうが、まだ若干ではあるが納得がいく気もする・・・


日本人でも納得してないのに、海外から来る観光客のみなさんが「皿うどん」を食べ、これが日本の代表的な「うどん」だと思われて帰国されたら、たまったものではない。


いつ、誰が、何の目的でこの食べ物に「皿うどん」という名前を付けたのだろう?あえて私がこの食べ物に名前を付けるとしたら、


        カリヌル麺麺

                      または、



      うどんでなくてご麺

                     もしくは、



  そばのほうが近いのにめぇ〜ん
             (・・・そらぁ、近いのにねぇ〜やろ!・・・)


この「皿うどん」に限らず、世の中にはまだまだ解せないモノが多々あるのも事実、今後も支部長はそれら一つひとつに「もの申して」いかなければならない。


  でもまぁ、結構美味しいから名前なんて、どうでもえぇかもしれんねんけどね!
               (・・・いや、どないやねん!・・・)


   幾分の解せなさは残るものの、モノがものだけにココはひとつ、さっぱりと


          手打ち


            にすることに決めた支部長であった・・・・



      ┌(・_・)┘└(・o・)┐



2008年02月12日
               「真冬の風になる?・・・・の巻き

さっ、寒い!冬なのだから当たり前といえば当たり前なのだが、今年の冬は特に寒い。その特に寒い冬であっても、支部長バイクを乗り続けなければならない。


   ココで改めて紹介させて頂きますが、支部長「ライダー」なのであります。


愛車ビラーゴに乗り続けてはや20年、20年前は、リーゼント風の髪型革ジャン姿でアメリカンバイク自由気ままにコロがしていた支部長も、


    現在では、いささか寒さに躊躇し、肩をすくめてバイクにまたがる


       おっさんライダー


寒いのに、わざわざバイクに乗る必要はないではないかぁ!っといわれる方がいるかもしれないが、そういう訳にもいかない。


なぜなら、あまり長い期間バイクのエンジンを掛けないでいると、いつぞやのように「バッテリー」があがってしまうからなのである。大阪・梅田のど真ん中でバイクを押しがけして以来、ことのほかバッテリーに関しては敏感になっている支部長


最低でも10日に1回はバイクに乗ってやらないと、バッテリー「ワヤ!」になる可能性が極めて高くなる。だからどんなに寒くても、決められた曜日にはバイクで会社に出勤するのだ。


       だが・・・・ 身を刺すような冷たい風が吹く今年の冬


パッチをはくことも考えたが、あの「E・YAZAWA」「岩城滉一」バイクに乗る際、果たして「パッチ」をはくだろうか? 答えはおそらく「NO!」であろう!


ロッカー真のライダーは、常にイケてなくてはならない!パッチなんてはこうものなら、きっと全国のイケてるロッカーライダーから、殴られてしまうに違いない。


       ん〜・・・・これぞまさしくパッチパッチパンチ!・・・6点


とにかく、週に一度はバイクに乗ることを心がけ、多少体調が悪くてもそれを実行しようとする支部長、そのバイクに乗る日は毎週木曜日なのである。


      愛車ビラーゴにまたがり、今宵もセルボタンに触れてみる。


ブロロロォン〜 っとエンジンが掛かる度にホッと胸をなでおろし、明日も風になれると意気込む支部長。っと、同時に鼻の中がムズムズしだす・・・・・


   へぇ〜ックション!


              うむぅ・・・ これは恐らく・・・

      今日もきょうとて、真冬フリーウェイ風邪を感じる

           チョッピリお茶目な支部長であった・・・



           (^O^;



2008年01月30日
               「不意の衝突その2・・・・の巻き


              じゅっ 十万円てぇ〜 あーた


 支部長が思っていた「1万700円」ではなく、「10万7000円」だったのである。


そんなぁアホな・・・ チョッとテールランプが割れて、リアの1部分がへシャげたぐらいで10万円てぇ・・・ 顔が青くなるのを通り越し、見る見るうちに顔面が土色に変化していく様子が自分でも分る支部長であった。


          どないしょ!あぁ〜どないしょ!どないしょ! 


脳みそから汗が出るほど考え続ける支部長。っと、そのとき、見積書を手渡した若い担当者が、あらぬ言葉を支部長に投げかけてきた。


  ホント、車が凹むと気分も凹みますよねぇ・・・・

              (・・・コイツ、殴ったろか!・・・)
         (・・・いや、約束組手の7番で目ついたろかぁ!・・・)


っと、一瞬思った支部長であったが、そこはホレ、いつも笑顔を絶やさず、相手の神経逆撫ダジャレにも優しく対処する支部長


   アハハハハ・・・・ ホンマに凹みまくりやわ


 っと言ってる間にも頭の中では、いかにして修理費を捻出するかを考えてみる。


そやっ、「車両保険」があるではないかぁ!保険を使って直せば支部長身銭を切って弁償しなくても済む、ヨッシャ!ホナそれで行こう!


で、さっそく保険を使って修理してもらうことになったのだが、修理に費やす時間がざっと10日間、もちろんその間は「代車」を借りて、コチラは急場を凌がなければならない。  


        代車をご用意しますので、しばらくお待ちください。


        そう言い残し担当者が、代車を取りにいっている間に、


             嫁と今後のことを相談する支部長


「支部長」   いやいや、何とか保険で直せそうやから良かったやん!


「嫁」     でも保険つかったら、次から掛け金が高くなるのと違うの?


「支部長」       うぅっ、・・・・・ よくご存知で・・・・


っと、そうこうしていると担当者が「代車」に乗って現れたのだが、ビックリ仰天!!なんとぉ、今、目の前に置かれた車は、ピッカピカ新車ではないかぁ!


         (・・・これまた、気を遣う車を代車に、なんてぇ・・・)


これは、ここいらで新車に乗り換えませんか?というディーラーの思惑なのであろうか?深読みしながらその新車の代車に乗り込むと、


                 すっ、凄い!


運転席から少し左にある「液晶画面」に、いきなり「welcom」の文字と「世界に1つだけの花」メロディーが流れる・・・


        へぇ〜〜 軽自動車も変わったもんやなぁ〜


と、車のインパネ部分を見ていると、なぁ〜にかものたりない・・・ 何でやろ?と考えていると、その疑問はすぐに解消された。タコメーター水温計が無いではないかぁ〜!


なぜだ!なぜタコ水温計がないのだ!スピードメーターガソリンメーターだけだなんて・・・ 味気ない、実に味気ない! いや、チョッとまてよ!灰皿もなければ、ピコッっと押すと、ポコッと出てくるあのライターもないやん!


              ん〜〜何だかなぁ〜


いやはや、時代の流れとは、車の内装をも変えていくようである。「不意の衝突」によって、最近の新車事情を垣間見ることが出来た訳だが、何より車両保険を使うことによって、支部長の小遣いからの弁償を回避できたのが、ことのほか嬉しい♪


         寒さが一段と強くなる2月を目前に控えた昼下がり、


      最大の危機である「嫁との衝突」間一髪で防ぐことができ、


       ニタニタとほくそ笑む、チョッピリおバカな支部長であった・・・・




          く(^.^)ノ


2008年01月27日
                 「不意の衝突・・・・の巻き

本日は快晴日曜日、こんなに天気の良い日は家族でランチにでも出掛けようではないかぁ!と言う支部長の提案で、親子4人で外食することにした支部長ファミリー


            (・・・外食ってゆうてもファーストフードよ・・・)


っと、その前に、会社へ忘れ物をしていたので、車に乗ってそれを取りに行くことにした支部長。助手席には後部座席には息子が乗っている。忘れ物ETして車に乗り込み、いざ出発しようとしたその時、


         グヮァシャ!


Uターンしようとバッグしていた支部長の車が大きく揺れたのである。 いや正確には真っ赤軽自動車が大きく揺れ、後部付近から悲鳴のような衝突音が聞こえた。


      やっ、やってもたぁ〜


思わず車内で叫ぶ支部長、っと、同時に助手席にいるから容赦の無い言葉が・・・


       もぉ〜 パパっ! 

     弁償してもらうからねぇ!


慌てて車から降りて後部を確認しに行くと、ブレーキランプが割れ、それを支えれるカバーを触ってみるとパカパカと音を立てグラグラになっていた・・・・


早く食事に行きたくて、後ろをよく確認しなかった結果、職場の前にある鉄柱の車をぶつけてしまったのだ。その支部長から口をついて出た言葉は、「みんなご飯もうチョッと辛抱してな!今からディーラーに車持っていくから」不穏な空気が流れる車内はシ〜ンと静まり返っている。


ディーラーに到着し、フロントで事情を説明したあと、さっそく修理費「見積もり」を出してもらうと、数十分後に担当者見積書を手に支部長ファミリーの前に現れる。


      あのぉ〜 だいたいこれくらいのお値段になりますが・・・


        担当者から手渡された見積書に目を通す支部長


         なぁ〜んや、思ってたよりずっと安いやん!


      (・・・これならチョッと小遣いを我慢したら弁償できるわ・・・)


              そう思っていると、横からが、


「嫁」         パパっ、ちゃんと見積書の金額見てる?


「支部長」  見てるっちゅうに!ホラ、いち、じゅう、ひゃく、せん・・・・・




     びえぇ〜〜



    果たして車は?見積書の値段は?そして支部長の小遣いは?



                  ・・・・・つづく・・・・



          (/o\)




2008年01月24日
                「アンジェラ・アキ・・・の巻き

本日はアンジェラ・アキのライブの日。コンサート会場であるフェスティバルホールに到着すると、建物の前で何やら叫んでいるオジサンがいる。


     チケットあるよ〜2枚、1階席やでぇ〜 欲しい人いてない〜? 

               アンジェラ・トキのチケット


      (・・・はぁ?今このオッサン、アンジェラ・トキってゆうたよな?・・・)

    (・・・$*屋やったらしっかりアーティストの名前ぐらい覚えとけよ・・・)

             (・・・トキって、塩沢やないねんから・・・)


そう心の中でツッコミを入れながら会場へ入る支部長。1歩中へ入ると会場は満員。この季節、人ごみの多いところでは「マスク」を付けた人が多いのだが、ご多分にもれず、この会場にもマスクで口を覆った人が大勢いた。


一瞬、何かの集会にも感じ取れる雰囲気をかもし出していたのだが、一旦演奏が始まると場内はアンジェラが発するオーラに包み込まれ、一体となる。


        うっ、ウマイ!


今までこんなに歌唱力のある女性アーティストにお目にかかったことがなかっただけに、グイグイとアンジェラ・アキの世界に引き込まれていく支部長


そもそも私がアンジェラを知る切っ掛けとなったのは、昨年放送されたハセキョーのTVドラマ「孤独の賭け」主題歌を聴いて、「なぁ〜んかこの曲えぇなぁ〜」から始まって、気がつけば1st、2nd、のアルバムだけでなく「DVD」まで購入していたのであった。


彼女の歌声は、何かこう脳内からスゥ〜っと、心地よい物質が流れ出るというか何というか?日頃から溜まっているストレスをファ〜っと消滅させてくれる何かがある。


だからアンジェラ・アキの歌声は、私にとって大変「心」に良いわけなのである。生まれて初めて「ハスキーヴォイス」以外の女性アーティスト「心」を鷲づかみにされてしまった支部長


あの「E・YAZAWA」同様、強いオーラを放つアンジェラは、曲と曲との間で話すMCにも妙に説得力がある。アンジェラ曰く、


 人生に無駄なことなんてひとつもない


なるほど・・・ 確かに、その時は無駄なことに思えても、のちのちになって、あぁ〜アレがあったから今ココでその経験が生かされているんだなぁ〜っと思うことは多々あるような気がする。


これから、益々勢いに乗って躍進する感のあるアンジェラ・アキ、どうかこれからもその歌声MCで全国の悩めるオッサンたちにも勇気を与えてください。


        さぁ、ほな今からアンジェラの曲聞きながら身体鍛えて


           山本KID徳郁のような肉体美になるでぇ〜!


         アンジェラのいうように人生に無駄は無いと強く信じ、


     今日も腕立て伏せ腹筋に励み、努力し続ける支部長であった・・・
             (・・・いや、その努力は無駄かも・・・)




          σ(^_^;)?



2008年01月21日
                「嗚呼!思い込み・・・・の巻き


前回の独り言「すいめいかん」の聞き間違えに関してずっと考えていたのだが、やっぱりどう考えても「れんしんかん」「すいめいかん」と聞き間違えることはない・・・


そこで私は考えた。まずそのレンタルショップの店員だが、電話の向こうでズンドー鍋を借りにくると早口で喋る男性(支部長)が名前を「※★*жかん」と名乗っている。店員はハッキリ聞き取れなかったので、もう一度名前を尋ねると、


             やはり「※★*жかん」と答える男性


なにゆうてるか分らへんけど、ズンドー鍋を借りに来る「なになに館」やから旅館か何かやろ?それやったらもう「すいめい館」にしとこか!


      っと、なったのではないか?でなかったら、しつこいようだが、


        「れ・ん・し・ん・」を「す・い・め・い・」


   この一文字も合っていない言葉を聞き間違えることはない。仮に私が、


       「するめいか」


と言って、それを「すいめいかん」に聞こえたのなら、まだ納得がいくのだが、どう考えても「れんしんかん」「すいめいかん」別物なのである。


「思い込み」というのは誠に恐ろしいもので、思い込んでいる本人以外は目が「・」になると言うことは往々にしてあるのだ。


       子どもの頃、水前寺清子ピーターだと思っていたし、
              (・・・そらぁチーターやろ!・・・)


      ストロング小林アントニオ猪木に見えたこともあった。


               思い込みはまだまだあって、


天気予報の強風波浪注意報」恐怖波浪注意報」だとばかり思い込んでいたし、


  付き合い始めた頃は、小泉今日子に見えたことだってある・・・(;¬_¬)


極めつきは、間違い電話とは気づかずに、一般家庭ラーメン餃子の出前を頼み続けた時は、「ええかげんせぇ!」と、かなり怒られた。


        ときにはプラスに、そしてマイナスにも働く「思い込み」


よきにつけ悪きにつけ、情報過多になった昨今、人は先入観に囚われずに日々、物事を見極めなければならない。


   うむぅ〜 父ちゃん、今オレは猛烈にからだが燃えてきたぜぇ!


                 ヨッシゃ〜!


           ほな今か、らうさぎ跳びやるでぇ!


 心身を鍛える事によって、先入観を取り省けることが出来ると頑なに信じ、


            本日も、思い込んで試練の道を歩む


          「星 飛雄馬」のような支部長であった・・・ 


        父ちゃ〜ん



      ε=ε=┏( ・_・)┛




2008年01月14日
                 「嗚呼!活舌・・・・の巻き

今年も例年通りに行われた寒稽古。昨年、猛吹雪の中行われた寒稽古に比べたら、天国のような寒稽古日和だったのだが、問題は、寒稽古が行われる前日に起こったのであった。


毎年、寒稽古の炊き出しは、播磨豊中が交代で行っており、本年度は豊中支部「トン汁」を作る担当。という訳で近所にあるレンタルショップ45g入る「ズンドー鍋」を2つ借りに行くことにした。


予(あらかじ)め電話で予約を入れて行ったのだが、レンタルショップのカウンターに置かれた書類を見て大驚愕する支部長。なんとその書類の名前の欄には、


        すいめいかん


と書かれていたのだ。「すっ、すいめいかん?」 数日前に電話で予約を入れた際、『名前を登録されたほうが、次回からすぐに貸し出しできますよ!』


などと言われたものだから、言われるままに空手名前を登録したのに、登録されていた名前は、


        すいめいかん
                 (・・・?????・・・)


            いったい、どこをどう聞き間違えたら


      「れんしんかん」「すいめいかん」に聞こえるのだろう?


                  れんしんかん

                  れんめいかん

                  すんめいかん


                すいめいかん


           バンザ〜イ!

                       とか、


      ゆうてる場合かぁ!


  いったいどんな耳しとんねん!っと怒りをあらわにしていると、横からに、


パパのカツゼツが悪かったんとちゃうの? などとチャチャを入れて来るものだから余計にワナワナとくる支部長。 よ!一体誰にそんな口をきいているのだ!


あるときは空手の指導、そしてまたある時は結婚式講演会司会、んでまたあるときはマジックショーコンサートMCを行っていた人間に、


     活舌が悪いとは失礼な!


        とは言うものの、今まで散々と電話の向こうの相手から、


  えっ?はぁ?すいませんもう一度お願いします!


と言われてきたのも事実。確かに焦ったり急いでいるときに早口でしゃべることはある。がしかし、いくら早口活舌が悪かったにせよ、「レンシンカン」「スイメイカン」とは聞き間違えんじゃろ?


レンシンカンスイメイカンに聞こえるなんて、まるでアイスコーヒーオウヤンフィーフィーに聞き間違うほどの無理があるではないかぁ! 今年も名前ネタで引っ張る、などという気はさらさらないのだが、如何せんこうした出来事が次々に起こってしまうのである。


結局、寒稽古も難なく無事に終了し、借りてきた「ズンドー鍋」大活躍に終わったのに、なぜかスイメイカンの件が妙に引っ掛かり、スッキリしない支部長


もう、これからは意識して電話ではゆっくり話すことにしよう!これまでにも電話の向こうで、「このオッサン、一体何ゆうてるんやろ?」と思われたことがあったんやろうなぁ・・・


 これを機会に、是非ぜひこの場で謝罪することを決意する支部長であった・・・・


         今まで、お電話でお話ししていて支部長の声が、


         大変聞き取りにくいことがあったというみなさん、


          それはどうもフォンとうにスミマセンでした。


       これからはフォン格的に発声の練習をしていきます。



          フォッ!フォッ!フォッ!フォッ!フォン!
              (・・・お前はバルタン星人かぁ!・・・)



         (*`▽´*)




2008年01月05日
                 「謹賀新年・・・・の巻き

小学2年生の教え子から年賀状をもらったのですが、はがきの宛名書きのとろに、本人がエンピツで大きく書いてくれた文字が、


        ちくじしはんへ


   だった為、元旦からほんの少し凹んでしまった支部長です。こんにちは!


いやいやみなさん、旧年中は大変お世話になりました。本年も何卒、宜しくお願いいたします。おかげ様でお正月休みは暦にも恵まれ、素晴らしい最高の時間を過ごすことができました。


ただ、食べては寝て、また食べては寝てを繰り返したため、体重が4キロもオーバーしてしまい、今現在、元の体重に戻すのに必死のパッチなのでございます。


     まぁ、それはさておき、本年度における年頭の目標といたしましては、


              ・ゴルフのスコアの100切り

             ・山本KID徳郁のような肉体美の収得

             ・特命係長只野仁のようなオーラを身に付ける

             ・愛車のビラーゴで淡路島一周

             (・・・空手の目標はないんかいっ!・・・)


          を目標に、日々精進したいと考えております。ハイ!



今年も幾多の「びぇえ〜〜」が私を待ち受けているのか?は分りませんが、今からハラハラドキドキしている支部長なのでありまする。


さぁ、今年も110万画素のデジカメ片手に、ハイテンションで縦横無尽に走り回る支部長へのご指導と、ご声援を宜しくお願いいたします。


    さぁ、今年もみなさんと支部長にたくさん良いことがありますように〜


ちなみに、旅行先で買った「幸福のブレスレット」ですが、家に帰ってつけようとしたら、つける前から留め金が潰れていたことに気づき、


              思わず叫んだ支部長でありました。





     びえぇ〜〜〜



          く(^.^)ノ





戻る