はじめての妊娠
平成11年1月8日 不妊治療中、赤ちゃんが出来ていると判明...
夫も大喜び!
妊娠中 ・・・
平成11年5月 ママ腹痛、救急車で産院へ入院
痛みのせいで何度も妊婦さんやめたいと…
思ってしまった。
     7月 逆子体操を始めました。頭の大きさ2週間分小さいと言われて不安に…
妊婦8ヶ月頃までマリンスタジアムへロッテ戦をパパと一緒に行ってました。ボコボコお腹を蹴って一緒に応援してるようです…。
     8月 逆子治らず…お腹が張るようになる。切迫早産のため入院する事に…入院中はお尻を高く上げて寝っぱなし状態でした。食事もトイレもベットの上で寝た状態だった。辛かったよ…
赤ちゃんの心音が良くない事がわかったけど、これといって何も治療なし大丈夫だと…入院生活が長くなるにつれ、心細くめそめそしてました。夫にやつ当たり…看護婦さんの前で家に帰りたいと大泣きしてしまい一時退院の許可をもらい自宅へ…これってマタニティブルー?
誕生!!
平成8月29日
家に帰って2日目の朝、いきなり破水してしまい、パパと慌てて産院へ…逆子治らずそのまま帝王切開になった。陣痛も始まり痛かったのと手術台に乗って怖くて暴れてたらしい…何度も看護婦さんに怒られました…(本当は立ち会い出産希望してたのに…)
9時37分 パパはママのお腹から出て来た赤ちゃんとご対面…まだへその緒がつながってたらしい…パパいわく…グロテスクだったけど感動した!!って。
体重 2,336g
身長 45cm
ママは赤ちゃん(鈴)と会ったのは次の日でした。
お腹の傷が痛くて抱っこもまだ出来なかったし、ベットからも起き上がれないので、パパが連れてきてくれました。
パパはよく抱っこしてくれて「お嫁さん出したくないよ〜」っていつも言ってました。そんな二人を見て赤ちゃん産んでよかったーって心から思いました。
ママはやっと点滴から解放されました。ママの弟が来てくれて「すずこだよ〜」って言ったら(すずめのひなみたい…)って言われて確かに似てるけど…

看護婦さんにミルクの飲み方がおかしいと言われ不安に…
ママの母乳はなかなか出ませんでした。
生後9日目・・・
パパが出生届を出しに行ってくれました。明日退院の日なのでママと鈴は検診を受ける事に…
ママの抜糸は2,3日経ってからになりました。
先生から鈴の心音に雑音があると言われ、なんだか訳がわかんないけど看護婦さんに連れられながら、パパもママも鈴を連れて 大きな病院へ検査に行く事に…。
あとから思った事・・・
もうこの頃にチアノーゼが出ていたのでしょうか?
顔の色が黒っぽかったのは、赤ちゃんは皆こんな地黒だと思ってました。
目をちっとも開けなかったのも、涙の色が黄色かったのも凄く気になってたのに…
看護婦さんは何もこたえてくれなかった。
ミルクをなかなか飲めなかったりしたのは、ママのやり方が悪いのだとばかり思ったよ。
看護婦さんに泣かせて飲ませればよく飲むよ…なんて言われて思い切り泣かせてました…
心臓に負担がかかるのも知らないで…
看護婦さんに聞いても、ミルクの飲みは一番優等生だって説明されてたから…
まだ、お腹の傷が痛くてなかなか鈴に会えない時に、夜中こっそり新生児室に行くと、寝かされたまま顔の横に哺乳瓶をタオルで角度をつけながら飲まされていました。
その時看護婦さんは、隣の部屋で電話をしてました。
顔で抑えながら他の子にミルクをやっていたんです…
あの時は忙しいんだな〜くらいしか思わなかったが、鈴のことちゃんと見ていてくれればもっと早く気づいたのに…
自分のお腹の傷ばかり痛いと思ってたママは情けないです…
退院の前日の検査で、初めて先生が鈴の心臓の音を聞いたのでしょうか…?
今となってはわかりません。
看護婦さんは何も気づかなかったのですか?
すずちゃんのしんぞう
ホーム
ホームへ
− すずちゃん誕生 −
お嫁さんに
だしたくないよ〜
生まれて、4日目!
ミルク欲しいよ〜