在留特別許可の相談室

在留特別許可の相談室

新潟みつば司法書士事務所
(旧 みなとまち司法書士事務所)

新潟みつば司法書士事務所

電話 025−210−8515(土日祝日対応可)

(営業時間 平日 午前8時〜午後7時半 土日祝日 午前9時〜午後3時)

代表 司法書士・社会保険労務士・行政書士・海事代理士 渡邊文夫
新潟県新潟市中央区早川町1丁目2697番地4

TEL 025ー210−8515

なお当ホームページの記載・利用につき当方はいかなる責任も負いません。

報酬料金表

メール相談はこちら

その他各種相談は・・・新潟みつば司法書士事務所

根拠条文

 1、出入国管理及び難民認定法

在留特別許可とは何か

 1,在留特別許可自体は在留資格(ビザ)ではない・・・在留特別許可とは退去強制手続きの一環として、法務大臣裁決により、退去強制事由に該当する外国人の在留を特別に許可するものです。この許可に伴い、その外国人にふさわしい在留資格を取得します。

 2,退去強制手続きの流れ
     @退去強制事由に該当すると思われる外国人→入国警備官の違反調査
      ↓
     A収容令書による収容→入国審査官への引渡し(引継ぎ)・・・面会・差入れや仮放免の制度があります
      ↓
     B入国審査官の違反調査・・・口頭審理請求(認定の通知を受けてから3日以内)or退去強制令書or出国命令(放免)or放免
      ↓
     C特別審理官の口頭審理・・・異議申出(判定の通知を受けてから3日以内)or退去強制令書or出国命令(放免)or放免
      ↓
     D法務大臣の裁決・・・在留特別許可or退去強制

 3,入管への出頭申告

 4,仮放免・・・保証金(300万円以内。5〜30万円が多いようです)、必要書類@仮放免許可申請書A本人からの誓約書B仮放免許可願出理由書(様式適宜)C本人の写真4葉(5×5)D身元保証書E身元保証人の誓約書F身元保証人の住民票の写し(外国人登録証明書)G身元保証人納税証明書・収入及び資産関係を証明する書類

 5,面会・差入れ・・・@平日9〜12時、13〜16時(施設に確認してください) A面会や差入れを行う人の身分の確認・・・日本人の場合には,自動車運転免許証,旅券,社員証,その他の写真が貼付してあるような身分証明書,外国人の場合には,旅券又は外国人登録証明書 B面会時間は30分程度

 6,出国命令・・・@出国命令対象者(入管法第24条の2)・・・不法残留者(入管法第24条第2号の3,第4号ロ又は第6号から第7号)+出国の意思をもって自ら入国管理官署に出頭したものであること+不法残留以外の退去強制事由に該当しないこと+窃盗罪等の一定の罪により懲役又は禁錮に処せられたものでないこと+過去に退去強制されたこと又は出国命令を受けて出国したことがないこと+速やかに本邦から出国することが確実と見込まれること

 7,出国命令と強制退去処分の違い・・・退去強制された者の上陸拒否期間は、退去強制された日から5年(平成12年2月18日前の退去強制処分は1年)(退去強制事由により異なる場合があります)、出国命令により出国した者の上陸拒否期間は、出国した日から1年。

 8在留特別許可が認められる場合・・・@永住許可を受けているとき(入管法第50条第1項第1号) Aかつて日本国民として本邦に本籍を有したことがあるとき(同項第2号) Bその他法務大臣が特別に在留を許可すべき事情があると認めるとき(同項第3号) C難民の認定を受けているものであるとき(入管法第61条の2の8)

日本人との婚姻の場合の在留特別許可

 1,必要書類 ・・・入管の指示に従ってください。主な物を挙げておきます。

  (1)陳述書

  (2)本人の人定

   ア パスポートとそのコピー 

   イ 外国人登録原票記載事項証明書

  (3)婚姻を証する書面

   ア 戸籍謄本 

   イ 住民票の写し  

   ウ 婚姻証明書・婚姻要件具備証明書  

  (4)生活状況を疎明する資料

   ア 在職証明書(配偶者) 

   イ 納税証明書(配偶者)(地方税、所得税、源泉徴収)

   ウ 預金残高証明書

  (5)身元保証

   ア 身元保証書 

   イ 身元保証人の誓約書 

   ウ 身元保証人の住民票の写し

   エ 身元保証人納税証明書・収入及び資産関係を証明する書類

  (6)その他

   ア 履歴書(配偶者) 

   イ 住居の登記簿謄本又は賃貸契約書の写し

   ウ スナップ写真(2葉。異なる内容のもの。無帽) 

   エ 最寄り駅から自宅までの経路図 

   オ 出生証明書 

   カ 母子健康手帳の写し

   キ 親族の上申書 

   ク 配偶者のパスポート、免許証の写し

   ケ 証明用写真5葉(5×5)

外国人登録との関係

 1,外国人登録がまだの方はすぐ外国人登録をして下さい。

 2,外国人登録に必要な書類・・・@パスポート(紛失した場合は在日領事館で再発行してもらう。無い場合は国籍証明書、身分証明書等) A写真2枚(4.5×3.5) B陳述書(不法滞在の場合)

法務省で公表している在留特別許可の許可・不許可事例

 1、法務省

新潟みつば司法書士事務所
(旧 みなとまち司法書士事務所)

新潟みつば司法書士事務所

電話 025−210−8515(土日祝日対応可)

(営業時間 平日 午前8時〜午後7時半 土日祝日 午前9時〜午後3時)

代表 司法書士・社会保険労務士・行政書士・海事代理士 渡邊文夫
新潟県新潟市中央区早川町1丁目2697番地4

TEL 025ー210−8515

なお当ホームページの記載・利用につき当方はいかなる責任も負いません。

報酬料金表

メール相談はこちら

その他各種相談は・・・新潟みつば司法書士事務所