吉川英治著作『ボクサー、街を守る』
社会参加と正しい教育を考える本書は老若男女、あらゆる職種の人に希望と勇気が溢れてくるエネルギー供給書。「自警団つくり方マニュアル」も含めて日経BP社より発売中。

吉川英治・著作『ボクサー、街を守る』: 近代日本最初の民間自警団『明大前ピースメーカーズ』を単独で立ち上げたのはトレーナーとして、東洋と日本のタイトルを3つ獲得した「大川ボクシングジム」の鬼コーチ。 コンビニショップ前にたむろする30人もの学生をたったひとりで一喝し、教師をも指導する姿で彼は地元の名物男だった。

その男は9・11事件翌日には成田からニューヨークに向けて飛び立った。がれきの下の人を助けるためだった。ボクシングコーチは犠牲者の家族に話しかける心のケアを行なった。

帰って来た自警団リーダーは全国の学校訪問を始めた。生徒達とスパーリングで交流し、彼らに「夢と努力」「正義と勇気」を話し続ける。 親達をはじめとする大人全員を教育の一番の責任者とし、「おやじ会」「PTA」「教師会」などで講演。学校訪問はヨーロッパにも足を伸ばしている。

その後、世界を仲良くしようと『こども国連』会議を開催し、子供達に正しいことを教えたいと『スクールタイムス』新聞を発行。 偏見の目で見られる不登校児たちのフリースクール生を社会のヒーローにとキッズパトロールチーム『少年探偵団』も結成。

2004年11月の奈良の女児誘拐殺人事件では卑劣な犯人を捕まえようと、奈良の小学校まで警備に飛んだ。

ハリウッドやヨーロッパの名優、名映画監督達とも交流し、世界平和をテーマに映画脚本を執筆。映画化に向け活動中。

本書では海外経験豊富なボクサー筆者が住民参加による地域活動によるまちづくりから、世界コミュニティへの連係について分かりやすく説く。 また各人が問題から目をそらさず、人任せにせず、真っ直ぐに生きることが本当のピースメイキングであると提言。 ボクサーのストレートパンチのようなメッセージが人の心を打つ!

現在『TV TECHNOLOGY 日本版』パブリッシャー。専門学校『東京フィルムセンタースクールオブアート』講師

社会参加と正しい教育を考える本書は老若男女、あらゆる職種の人に希望と勇気が溢れてくるエネルギー供給書。「自警団つくり方マニュアル」も含めて日経BP社より2005年11月7日発売。

イーライ・ウォラック氏によるコメント
リンク Amazonで吉川英治の本を探す

日経BP(出版元)へのリンク


関連記事紹介


「ボクサー、街を守る」に関する記事を紹介します。

■ 毎日新聞
(2005年12月)

新刊:社会・政治 
『ボクサー、街を守る』=吉川英治・著

東京都世田谷区松原の住宅街で車や住宅へのいたずらが多発、登下校時の児童に対する不安もつのった。そんななか一人の元ボクサーが立ち上がり「明大前ピースメーカーズ」を結成。ジムに通う若者や商店街の人々と協力し自警活動に乗り出した。その成功はわが街と子どもたちを守る組織の作り方、同時に親身な児童教育のあり方を考えさせる。

日経BP社・1365円
毎日新聞 2005年12月7日 東京朝刊

毎日新聞・書評 へ

■ SAFETY JAPAN
セコムIS研究所
甘利康文氏インタビュー記事

最近話題になった例として、東京・世田谷区の明大前で、民間で防犯パトロールをしている「明大前ピースメーカーズ」という地元のグループがあります。

吉川英治さんというボクシングトレーナーが中心になって、明大前から犯罪をなくそうと2001年からはじめたもので、その結果、この地域での犯罪発生率が下がったといいます。これに触発されて、全国でこれと同様な民間の活動をするグループが、沢山出てきています。 最近、吉川さんは日経BP社から「ボクサー、街を守る」という本を上梓されました。

SAFETY JAPAN - セコムIS研究所・甘利康文氏インタビュー記事全文

■ プラザ・楽天/読者コメント
(2005年12月)

ボクサー、街を守る

最近自己中でマナーの無い人が非常に増え、そういったクズ野郎達から街を守るために自警団を結成した元ボクサーの吉川英治さんが書かれた本です。今の世の中マナーが守れない人が8割以上だと思います。老若男女問わず自己中な人が非常に増えてきた嫌な今の世の中にこういった考えをもった人がもう少し増えてくれたらとすごく共感しました。ぜひ皆さんも読んでいただきたい本です。

私もこの人のようにマナーの守れないクズ野郎を見かけるとよく注意をします。注意した事により相手が逆切れして殴られたことも度々あり警察を呼んだこともあります。その時おまわりさんが「君の正義感は良く解るが今はそのために刺されたりして命を落とす人が沢山いる世の中なんだ。だから程々にした方が良いと思うよ」と言われました。昔に比べて迷惑行為や犯罪を見ても見て見ぬふりをする人ばかりの世の中になったので余計にクズ野郎達が自分の欲望のおもむくままに行動しちゃうんでしょうね。以前私の利用している京王電鉄の車掌さんにマナーを守れない人達をもっと注意してくださいよってお願いしたら殴られるから怖くて出来ないと言われました。マナーを守らない人が得をするこの嫌な世の中をせめてマナーを守れる人が5割はいる世の中に変わってほしいと願います。

プラザ・楽天へ

■ Tシャツ制作ファクトリー
(2005年12月)

明大前ピースメーカーズ吉川氏とご対面!

吉川さんの著書「ボクサー、街を守る」は必見です! ここには自警団のつくり方などのノウハウに加え、実際の活動の経験談など、街を大切にする気持ちをどう実行に移せばよいのか、そういったメンタル面にも踏み込んだ非常に役に立つ書籍です。 最近変な事件が多いですので、お子様を持つ親御さんは特にこういう本を読んで参考にしていただければと思います。

Tシャツ制作ファクトリー、記事全文

■ 読売新聞記事
(2005年11月)

ボクサー、街を守る

駅から家に帰る道のりが、「ほっ」とする時間でなく、暴漢が現れないかと緊張するようになったのはいつからだろうか。元プロボクサーの著者が地元の治安悪化を見かねて、自警団「明大前ピースメーカーズ」を結成したのは2001年のこと。

近くの大学に「先生も駅頭に一緒に立ってほしい」と頼むと、「残業代がかかり、予算的に無理」と断られる。地元の自治会長にも「駅周辺はうちの受け持ちでないから関係ない」と突き放される。こうした苦労はあっても、自警団は地道に活動を続けて、今では駅前に民間の“交番”ができ、「自警団があるから」と引っ越してくる人も現れるほどになった。

ボクシングのトレーナーをしながら4年間続けてきた著者の体験やノウハウを読むと、心が奮い立ち、自分でもできる気になってくる。

後はそれをまねて始めるだけ、とは言っても、武術の達人でもない人が一歩目を踏み出すのはなかなか難しい。まずは、著者のように、口うるさい頑固オヤジを目指そうか。

(日経BP社、1300円)(岡) (2005年11月30日読売新聞)

YOMIURI ONLINEへ

■ 東京新聞記事
(2005年11月)

街を守る元ボクサーが著書
自警団活動や教育論つづる

元プロボクサーで、京王線明大前駅(世田谷区)周辺で防犯活動を行っている自警団「明大前ピースメーカーズ」の創設者・吉川英治さん(44)が、自身の活動や青少年育成への思いなどをつづった本「ボクサー、街を守る」を執筆し、七日に出版された。吉川さんは「世の中を変えるのは一人一人の力だということを知ってもらいたい」と話している。 (大原 啓介)

二十代前半にプロボクサーだった吉川さんは引退後、出版社を経営する傍ら、同駅近くのジムでトレーナーをつとめ、数多くの選手を育てている。その一人は、東洋太平洋ライト級王座を獲得した。

その一方で、道端にたむろしたりゴミをポイ捨てしたりする若者らをしかりとばす「雷おやじ」として知られていた。

近くでの通り魔事件の発生や若者たちのマナーの悪化に危機感を抱いた吉川さんは、2001年6月、地域の人たちに呼び掛け自警団を創設。周辺のパトロールを行い、その後、数多くつくられた防犯ボランティアの先駆けとなった。

米中枢同時テロの発生直後には、単身ニューヨーク入りして被災者救出のボランティアに従事。奈良の女児誘拐殺害事件では、女児が通っていた小学校周辺でパトロールをした。全国の学校を回って講演し、夢に挑戦することや人の役に立つことの大切さを子どもたちに説き続けている。

出版社から企画を提案された吉川さんは、「子どもたちだけでなく、多くの人に私の活動を知ってもらえるなら」と出版を決意。自警団を設立することになったいきさつや、トレーナーの経験をもとにした教育論のほか、自警団づくりのマニュアルも盛り込んだ。

世の中にはびこる自己中心主義や社会への無関心を憂う吉川さんは、「自警団は病気につける薬のようなもの。本当に社会を良くするには一人一人が立ち上がることが必要だ。この本がその勇気を与えられれば」と話している。

東京新聞へ

■ 四国新聞記事
(2005年11月)

丸亀市出身の元プロボクサーが初の著書

香川県丸亀市出身の元プロボクサーで、出版社を経営する吉川英治さん(44)が初の著書「ボクサー、街を守る」を日経BP社から出版した。日本初の民間自警団「明大前ピースメーカーズ」を立ち上げた経緯や独自の教育論などをつづり、興味深い一冊となっている。

吉川さんは丸亀高を卒業後、中央大在学中にプロデビュー。引退後は出版社を経営しながら、ジムのトレーナーとして東洋、日本王者らを育ててきた。

ジムに近い京王線明大前駅周辺にたむろする若者たちのマナーの悪さを憂えた吉川さんは二〇〇一年、民間自警団を結成。自主的に街のパトロールを始めた。この活動は多くのメディアに取り上げられ、全国で次々に誕生した民間パトロールのモデルとなった。

本の執筆は、活動を知った出版社から企画が持ち込まれたことがきっかけ。全六章で構成し、自警団を作った経緯や設立当初のエピソード、教育に関する考え方などを盛り込んだほか、自警団のつくり方マニュアルも掲載している。

全国の小中学校で講演活動も展開する吉川さんは「一人ひとりが行動を起こせば社会は変えられる。だれもが地域や社会をよくするためにできることがあることを知ってほしい」と訴えている。(東京支社)

四国新聞へ


PEACEMAKERS トップページに戻る フォト・ギャラリー

『ピースメーカーズ』

**********************************
Tel: +81-3-3327-5756
Fax: +81-3- 3322-7933
E-mail: callems@world.odn.ne.jp
**********************************