新しい合唱団


  

「第16回演奏会」2018年1月20日(土)18:30開演 Hakuju Hall 終演直後の記念写真です

  

平川さんの「懐かしの歌謡曲メドレー」を歌い出すところ

平川加恵さんを舞台にお呼びして 篠田昌伸さんと握手!!


  

第2回登山 「大菩薩嶺」 2018年8月19日(日)
かの有名な「大菩薩峠」で記念写真
甲斐大和駅からバスで登山口(上日川峠)に着きました。 これから登ります。


爽やかな青年と、緑の登山道 大菩薩峠から先の尾根道。これを登ります。


大菩薩峠をふり返って。介山荘の下から登って来ました。 花よりも、もっと可憐な人が撮ってくれました。


広々としていい気持ちでした。 いつも魅力的な表情よね


  

あの湖は、「大菩薩湖」(上日川ダム)。あそこは山の上です。標高2000メートル近くまで来ました。
山ガールです 曇っているけれど、眩しい


かなりの勾配でした!登るのは平気なんだ ここが頂上。木々に囲まれた、ひんやりした空間でした。


  

大菩薩嶺(2057メートル)で、記念写真!!
  

無事に下山して登山口まで戻ってきました。ロッヂ長兵衛でおやつしています。
中嶋香の「日日彼是4」にも写真を載せました。見て下さい!





  

第1回登山「陣馬山〜高尾縦走路〜景信山」 2018年6月24日(日)
陣馬山頂「白い馬」と記念写真
陣馬山登山口から一ノ尾尾根を登りました 途中休憩。絶好調ですね!


明王峠。木漏れ日がキレイ まだまだ余裕で記念写真


明王峠から景信山がキツカッタ!! ここで縦走は断念して、下山します


無事に下山して、小仏バス停の隣りで お天気の良い土日に営業しているとのこと


  

また来たいね!そのためには、あれをまた下りなくちゃ・・・・
楽しかったです!中嶋香の「日日彼是4」にも写真を載せました。見て下さいね。




  

2018年1月13日(土)「ティアラこうとう」。
平川加恵さんが「懐かしの歌謡曲」リハーサルに来て下さいました。恒例の記念写真です。
みんなに愛されている「懐かしい」歌謡曲をこんなカンジに編曲して下さいました!素敵なんですよ〜。


     

2018年1月7日(日)「森下文化センター」。
篠田昌伸さんが来て下さったので、恒例の記念撮影です。
OKマークが出ていますね〜。篠田さんからではなく、みんなが出しているところがアヤシイ・・・



練習時の写真も見て下さい!2017年11月26日です。
11月の写真が多いですね。秋が深まってくると、写真を撮りたくなるのかも。


  

「第15回演奏会」2015年11月29日(日)Hakuju Hall 記念写真です

間宮芳生「コンポジション第16番」に挑戦しました 本番の写真は貴重です! 


  

2015年11月8日です。

 新しい合唱のあり方と、新たな合唱音楽を求めて、1991年に創設。音楽監督は田中信昭。
主に、日本語の現代作品をレパートリーとして活動を展開しているアマチュア混声合唱団。
高橋悠治『〜スイジャクオペラ〜泥の海』(2000年)、一柳慧『ミチザネの讃岐』(2001年委嘱作品)、権代敦彦『−阿−A』(2004年)、 高橋悠治『夜、雨、寒さ』(2007年)、松平頼暁『オルガ・ブロスキーの墓』(2008年)、間宮芳生『焼かれた魚』(2009年)、西村朗『大空の粒子』(2010年委嘱作品)、 西村朗『室内オペラ 清姫 −水の鱗』(2011年)などを初演。
2001年12月には、三善晃『蜜蜂と鯨たちに捧げる譚詩』初演演奏で東京混声合唱団と共演。2006年3月東混定期演奏会では、三善晃『あなた』を共演。
2006年3月と2008年2月に「日本現代音楽協会」演奏会に出演。
≪柴田南雄とその時代 第二期≫収録のために『秋来ぬと』『美女打見れば』『春立つと』をレコーディング(2011年2月)。
「創る会」「新しいうたを創る会」の活動の中心的役割を果しています。




 ちょっと風変わりなこの名前のいきさつは、創設当初「最近できた新しい合唱団に歌いに来ない?」「どこの?ああ!新しい合唱団ね」と みんなで話しているうちに、「名前?新しい合唱団でいいよ!省略すると『新唱(しんしょう)』だから、田中信昭(しんしょう)が指揮する合唱団に 相応しいんじゃない?!」ということになって決まりました。

こんな風に冗談めかしていますが、真面目に言うと、
「合唱 −うたい合う音楽−」が目指すべき「アンサンブルのあり方」を探求し、日本語で生活している私達が「言葉を歌う音楽に向き合う意味」 を問い続ける団体になりたい、との願いで付けられた名前です。

発足当初は、たしかに「新しい」団体でしたが、活動歴も長くなってきました(25年以上になった!!)ので「新しい」ではなく「面白い」に 変えようか、などと話してみんなで笑っております。




 練習は、月に2回程度、日曜日の午後1時から5時に行っています。演奏会が近くなると、回数が少し増えます。
次の演奏会は、「新しい合唱団 第17回演奏会」2019年1月19日(土)18:30開演/ハクジュホールです。
常時メンバーを募集しています。ご一緒下さる方、お待ちしています。
活動の詳細はこちらをご覧ください。


 『サライ』(小学館)2017年2月号が田中信昭を取り上げて下さいました。新しい合唱団の練習へも取材においで下さって、「田中信昭とメンバー」 の写真が大きく掲載されました!16〜17ページです。


contact


 演奏会案内

  ■2018年1月20日(土)18:30開演/Hakuju Hall
全自由席:2,000円

新しい合唱団 第16回演奏会
田中信昭:指揮

演奏会、終了しました!ありがとうございました♪
<プログラム>
間宮芳生:作曲  『北国の二つの歌』(1959)

別宮貞雄:作曲  『木と鳥のエピグラム』〔木村嘉長:詩〕(1985)

篠田昌伸:編曲  『ジャパニーズ・ポップス・アレンジメンツ』(2017委嘱新作)
                                   −初演−

平川加恵:編曲  『懐かしの歌謡曲メドレー』(2017委嘱新作)−初演−
                                  演奏順不同


プロデューサーの平井 洋さんがブログでご紹介下さいました。
http://yohirai.blog.jp/archives/73819268.html


  ■2017年1月15日(日)14:20開演/Hakuju Hall
第25回「創る会」演奏会 −合唱音楽の可能性、言葉をうたう音楽の楽しみ−
田中信昭(指揮)

<プログラム>
高橋悠治:作曲   『回風歌』〔木島始:詩〕(1979)

平川加恵:作曲   『三節による郷愁の彼方』[石原三郎:詩](2015)
                                −東京初演−

篠田昌伸:作曲   『言語ジャック』〔四元康祐:詩〕(2016委嘱新作)−初演−







  ■2015年11月29日(日)14:20開演/Hakuju Hall

新しい合唱団 第15回演奏会
田中信昭:指揮

<プログラム>
間宮芳生:作曲  『合唱のためのコンポジション第16番』(2004)

林  光:作曲   『長くて短い六つの歌』(1985)より
             幾千年〔茨木のり子:詩〕
             キリストの顔〔石川逸子:詩〕
             春の土 秋の土〔新川和江:詩〕
             降りつむ〔永瀬清子:詩〕

山口恭子:作曲  『ひぐらし、コガネムシとお昼のニュース』
               〔工藤直子:詩〕(2015)−委嘱新作初演−

林  光:編曲   『椰子の実』『箱根八里』
              日本抒情歌曲集より

篠田昌伸:編曲  『夏は来ぬ』『カモメの水兵さん』『今日の日はさようなら』

アイルランド民謡
 /清水脩:編曲 『ロンドンデリーの歌』〔大木惇夫・伊藤武雄:訳詞〕

イングランド民謡による
/ペイリー:作曲  『思い出』〔大木惇夫・伊藤武雄:訳詞〕


プロデューサーの平井洋さんが「平井洋の音楽現場通信」に
レポートを書いて下さいました。
http://yohirai.blog.jp/archives/49079765.html


2012年2月からの私達の写真です。是非ご覧ください。

♣ 新しい合唱団これまでの演奏会記録
♣ 創る会 ♣ 新しいうたを創る会 ♣ 田中信昭
♣ 中嶋 香 ♣ 日日彼是 ♣ 日日彼是その2
♣ 日日彼是その3 ♣ 日日彼是その4