★★★ Exhibition News from Masahiko KURASHIMA Visual Arts ★★★
- 2004 -
この大きさ、この世界観、この緻密さを多くの人に見て頂きました。感謝!
次の展示場所を募集中(展示にかかる設営、運搬+諸費用御負担にて)

曼陀羅の中央部分と、やや下の2ケ所をクリックすると展示風景が見れます。

「パテンテ曼陀羅」4m×4m(20000x20000pixel!!)巨大CG絵画。
他に、Birthplace3部作/Yupanqui/Hao-Cyuni いずれもNewPrintで展示しました。
「アジアグラフィック2004ヨコハマ」無事終了しました。
トップクリエイター30名による日本最大規模のコンピューターグラフィックス展
ゲーム、TV、雑誌、デザイン等で活躍する日本のトップクリエイター30名が参加。
大型CG作品約200点+観客参加、体験型映像作品+CGア ニメーション作品上映(常時)。
会 期 ● 2004年4月28日(水)〜5月8日(土) 5月6日(木)休館日
開 館 ● 午前9時〜午後6時まで
会 場 ● 神奈川県民ホールギャラリー 横浜市中区山下町3-1 045(633)3796
交 通 ● みなとみらい線日本大通 り駅(横浜元町、中華街行)徒歩6分 駐車場あり
※入場料金一般 300(250)円 学生200(150)円( )内は前売り、20名以上の団体料金
※65歳以上及び高校生以下は無料_購入チケットのご提示で会期中何度でも無料入場可能
            
● 企画展示1/「檜山巽10年の作品群」● 企画展示2/「倉嶋正彦 超細密CGパテンテの世界」  
● 企画展示3/「富岡聡 映像作品特別上映」 ● 企画展示4/「ソネハチ polygons(ポリゴンズ)」
● 企画展示5/「バーチャル・ ビューティー/3DCGキャラクターの現在」  
● 企画展示6/「中国秀作CG展示」「こどもCG作品展」 ● 特別展示/「CGアーティスト河口洋一郎氏作品」
● ワークショップ4月29日午後1時より/なりた麻美/武藤修による作品制作など
●「こどもCG教室」会期中 土・日・祝日の午後2時より
                                      
参加作家 ●安藤克昌●扇原康成●岡達也●小笠原たけし●岡部タカノブ●喜多見康●岸啓介●木村智博
●久納ヒロシ●倉嶋正彦●小坂徹●鷺義勝●須藤健斗●ソネハチ●瀧澤謙司●多賀泰孝
●都築潤●富岡聡●中澤真純●なりた麻美●花房まこと●檜山巽●ブルームーンスタジオ
●松林あつし●武藤修●めけめけ●森野和馬●由水桂●ロボットメガストア(50音順)
公募部門入選作家 ●深澤研●Du xusheng(from 中国)
主 催 ● アジアグラフィック/神奈川県民ホール(財団法人神奈川芸術文化財団)
後 援 ● 神奈川県 CG-ARTS協会(財団法人画像情報教育振興協会)
日中CG文化交流協会 横浜市教育委員会
協 賛 ● セイコーエプソン株式会社 株式会社ソフトウェア・トゥー 株式会社ワコム
問合せ先 ● アジアグラフィック事務局 tel 045(481)7940
2004-5-終了のお知らせ

to the index